OPPO、「Reno3 Pro」「Reno3」を発表。Snapdragon 765G、30W急速充電、4800万画素クアッドカメラ、メモリ12GB

スポンサーリンク

OPPO、「Reno3 Pro」「Reno3」を発表。Snapdragon 765G、30W急速充電、4800万画素クアッドカメラ、メモリ12GB

Oppoは、新型スマートフォン「Oppo Reno3」「Oppo Reno3 Pro」を発表しました。

どちらも5G接続を備えるものとなっています。

Oppo Reno3 Pro

Reno3 Proは、リフレッシュレート90 Hzの6.5インチOLEDパネルを搭載。ノッチデザインはパンチホール型。ディスプレイでは加えて、100%DCI-P3カバレッジ、HDR10 +サポートも装備。

メインカメラは4眼クアッドカメラ構成。800万画素超広角+ 4800万画素+ 200万画素白黒センサー+ 1300万画素望遠カメラ。5倍ハイブリッドズームと光学2倍ズームを装備。

セルフィーカメラは3200万画素。

・Snapdragon 765G

チップセットはSnapdragon765G、メモリ8GB/12GB。OSはAndroid 10/ColorOS 7。

本体カラーは4色展開(ホワイト、ブラック、スターリーナイトブルー、サンライズ)。

・30W急速充電対応

バッテリー面は30W VOOC 4.0急速充電をサポートする4,025 mAh。20分の充電でゼロから50%になり、30分でゼロから70%に。

Oppoは、「5Gエクスペリエンス、4Gバッテリー寿命」を謳っています。

Oppo Reno3

一方のReno3は、6.4インチOLEDスクリーンを搭載、こちらのノッチデザインは水滴型。

メインカメラはReno3 Proと仕様が異なり、6400万画素メインセンサー+800万画素カメラ超広角+白黒センサー+ポートレートカメラの4眼。

セルフィーカメラはReno3 Proと同じ3200万画素。

チップセットはMediaTekの新しいSoC Dimensity 1000L。MediaTekはこれを「世界最速のサブ6GHz 5G SoC」と謡います。最速4.7 Gbpsパフォーマンスを可能とし、2Gから5Gまであらゆるネットワークをサポート。

メモリは8GB/12GB。ストレージは128GB。

ほか4,025 mAhバッテリー、VOOC 4.0急速充電対応。指紋スキャナーは画面指紋認証、OSはAndroid 10/ColorOS 7。

本体カラーはホワイト、ブラック、スターリーナイトブルー、サンライズカラー。

本体価格

Reno3 Proは3,999人民元(約6万2000円;8GB / 128GB)、 4,499人民元(約7万1000円; 12GB/256 G)。

Reno3は、3,399人民元(約53,000円;8GB / 128 GB)、3,699人民元(約58,000円;12GB/128 GB)。

12月31日から順次発売。

Source 1 、 Source 2

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク