新型「Razer Blade Stealth 13(2019 late)」が発表。ウルトラブックでGeForce GTX 1650搭載

スポンサーリンク

新型「Razer Blade Stealth 13(2019 late)」が発表。NVIDIA GeForce GTX 1650搭載

ドイツで開催中のカンファレンス IFA 2019 において、Razerは新型ゲーミングノートパソコン「Razer Blade Stealth 13(2019年後期モデル;2019 late)」を発表しました。

・NVIDIA GeForce GTX 1650を積載

薄型なウルトラブックとして知られる「Blade Stealth 13」シリーズですが、今回のアップデートでRazerはこのデバイスに「NVIDIA GeForce GTX 1650グラフィックカード」を詰め込みました。

GeForce GTX 1650はラップトップ向けGPUとして最先端のものではないものの、以前に搭載されていたGeForce MX150に比べれば多大なる性能的アドバンテージを有しているのは良く知られているところ。

今回のアップデートにより、Razerは薄型ノートPCながら多くのFPSゲームが毎秒60フレームにて動作することを謳っています。

また、グラフィック面に加えCPUも強化が図られており、新たに、インテル第10世代Core i7-1065G7 CPU(Ice Lake)が搭載されることとなりました。

この新しい「Razer Blade Stealth 13(2019 late)」は、2019年9月後半に1,500ドル(約16万5000円)から出荷開始予定(海外での話)。

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク