vivo、同社初となるスマートウォッチ「vivo watch」を発表。18日間バッテリー持ち

スポンサーリンク

vivo、同社初となるスマートウォッチ「vivo watch」を発表。18日間バッテリー持ち

vivoから、同社初となるスマートウォッチ「vivo watch」が発表されました。

スペック

42mmモデルと46mmモデルが用意されており。42mmモデルは1.19インチAMOLED、解像度390×390ピクセル。一方の46mmモデルは1.39インチAMOLED、解像度454×454ピクセル。

常に画面表示が可能なAOD(Always on Display)仕様。

チップセットはST マイクロコントローラチップ とApolloプロセッサーのダブル構成。ストレージは2GBを用意。

加えて5АТМ耐水性、Joviデジタルアシスタント。GPSセンサー、気圧センサーを備え、NFCにも対応。バッテリー持ちは42mmモデルが9日、46mmモデルは18日。

測定機能としては、歩数計測、睡眠計測、心拍数計測のほか、SpO2センサーによる血中酸素飽和度測定が可能。各種スポーツモードも用意しています。

本体価格・発売日・本体カラー

ともにアルミニウム製ボディを備えるこの機種。本体カラーは42mmモデルがグレーとブラウンのマットな外観。46mmモデルはシルバーとブラックのつや消し仕様。

本体価格は両モデル共に1,299元(約2万円)。中国では9月28日に発売されます。

SOURCE:timesnownews.com

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク