iPad、2016-17年モデルで有機ELディスプレイを採用か

スポンサーリンク

アップル、iPad 2017年モデルで次世代有機ELディスプレイを採用か

ipad mini 3

アップル情報専門サイト「Patently Apple」が韓国筋からの情報として伝えるところによれば、アップルは2016-17年モデルのiPadにおいて、現在の液晶から次世代有機ELへ、採用ディスプレイの変更を計画しているそうです。

なんでも元々は15~16年で発売する予定の12.9インチiPadでの搭載を計画していたが変更し、16年~17年登場のiPadでの搭載に切り替えたとのこと。

なお、この有機ELディスプレイの供給元は、日本のディスプレイパネル会社「JOLED(ジェイオーレッド)」になるそうです。

JOLEDとは

JOLEDホームページ

JOLEDホームページ

JOLEDは産業革新機構、ジャパンディスプレイ、ソニー、パナソニックのディスプレイ開発部門を統合して今年20015年の1月5日に設立された会社です。企業HPの情報欄によれば、”有機ELディスプレイパネルの量産開発加速及び早期事業化” が目的と記されています。

情報元によれば、有機ELを採用することにより、iPadの更なる薄型化と消費電力の低下が見込めるようです。

JOLEDはiPad向けディスプレイの量産を2016年の終わりごろから開始する予定ですが、今のところ製品の歩留まり率が悪く、量産化にいたるまでには課題が山積しているそう。そのため、JOLEDの低温ポリシリコン液晶製造技術を用いて、製造プロセスの改善を行っているとのことです。

[via:Patently Apple]

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク