18年新型「iPhone Xs」「iPhone Xs Plus」では、3000mAh大容量バッテリーかつ本体軽量化が実現と、ミンチー・クオ(有名アナリスト)

スポンサーリンク

18年新型「iPhone Xs」「iPhone Xs Plus」では、3000mAh大容量バッテリーかつ本体軽量化が実現と、ミンチー・クオ(有名アナリスト)

・2018年に登場するiPhone 3機種

アップルが2018年、新たに発売するスマートフォン「iPhone Xs(XI)」「iPhone Xs Plus(XI Plus)」においては、新型バッテリーの搭載されるそう。おなじみミンチー・クオ氏がレポートしています。

17年発売のiPhone Xでは、2つに区切られた「L字型バッテリー」が採用され、結果iPhone 8よりサイズが小さいiPhone Xの方が高積載(2716mAh)のバッテリー容量を搭載していました。

クオ氏によれば、今後、2018年の新型iPhoneにおいては完全なるL字型バッテリーが搭載され、バッテリーの軽量化(と本体軽量化)、そして現在の容量よりもさらなる高容量の積載が実現するようす。

アップル社はバッテリーメーカーLG Chemと提携し、中国の南京に新型 iPhone用バッテリーの製造工場を建設したそうで、クオ氏は、この新型1セルLバッテリーの搭載により、

「iPhone Xs(XI)」「iPhone Xs Plus(XI Plus)」においては、3000mAhのバッテリーが搭載される

としています。

・今回のまとめ

新型iPhone 「iPhone Xs(XI)」「iPhone Xs Plus(XI Plus)」では新型L字型バッテリーを搭載

これにより、新型iPhoneでは「更なる本体の軽量化」と「3000mAh大容量バッテリーが搭載」されるとのこと

参考: ETNews

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク