【書評】カプラン『選挙の経済学』。買い物では合理的なヒトが、投票で不合理な選択を取るのはなぜか

スポンサーリンク

カプラン『選挙の経済学』。買い物では合理的なヒトが、投票で不合理な選択を取るのはなぜか

【著者と専攻分野】

著者のブライアン・カプランは公共経済学・公共選択論研究の経済学者。

公共選択論とは、政策決定のような非市場的決定のシステムとメカニズムを数理的手法を用いて分析する分野であり、人々が政治行動を取る際において、有権者・官僚・政治家といった個人が経済活動と同様に、利己的動機を持ち、自己の利益を最大化するように行動すると仮定することに特徴がある。

公共選択論の政治経済学への貢献として、代議制民主主義や多数決原理など政治システムによる決定メカニズムの分析、官僚制のもとでの政治決定メカニズムの分析、社会利益集団の集合行動の分析などがあるが、本書は民主主義の失敗がなぜ起こるかを公共選択論を用いて分析している。

【目次】

タイトル:『選挙の経済学 投票者はなぜ愚策を選ぶのか』

  • まえがき
  • 序 章 民主主義のパダドックス
  • 第一章 集計の奇跡を超えて
  • 第二章 系統的なバイアスを含んだ経済学に関する思い込み
  • 第三章 米国民と経済学者の意識調査(SAEE)
  • 第四章 古典的公共選択と合理的無知の欠陥
  • 第五章 合理的な非合理性
  • 第六章 非合理性から政策へ
  • 第七章 非合理性と供給サイドから見た政治
  • 第八章 市場原理主義 vs. デモクラシー原理主義
  • 終 章 愚かさ研究の勤め
  • 各章の注/参考文献/訳者あとがき

【本の内容】

・利己的投票仮説

これまでの公共選択論は、デモクラシーの失敗を、自分の1票が投票結果を変える確率がゼロに近いため政策や政治に関する情報を集めることをしない「合理的無知」からおこるとみなしてきた。

これはすなわち「有権者はすべて利己的であり、投票においても自己の利益を最大化させるため合理的に行動する」とする利己的投票者仮説が元になっている。

・4つのバイアス

一方、カプランは政治やデモクラシーの失敗は、人々が自分たちの状態を悪くするような非合理的な選択を合理的に行うがゆえに、すなわち有権者が「合理的に非合理的な選択」をしたがゆえに起きたとする。

そして、その非合理選択はそれぞれの個人が持つ、

  • 反市場バイアス・・・市場は悪いものだし、競争も悪い。競争は人から搾取をするからよくない
  • 反外国バイアス・・・外国から入ってくるものは良くない。貿易反対。グローバル化反対。外国人移民反対
  • 雇用創出バイアス・・・人間から労働を奪う機械は良くない。機械化反対
  • 悲観的バイアス・・・世の中はどんどん悪い方向に向かっている

の4つのバイアスによって引き起こされるという。

従来の公共選択論が、デモクラシーの失敗は人々の意見を反映出来てないから起きるものとするのに対し、著者は、失敗は人々の意見を反映しすぎるために起こると見る。

・政治選択において、人間が4つのバイアスに引きずられる理由

例えば市場行動においては、金銭によってリスクが明確化されているため、人々はある程度合理的に行動する。しかしながら政治行動や投票行動においては、非合理的な意見や行動が選択されやすい

これはなぜなら、投票してもその一票の価値が限りなくゼロに等しい (1票の価値が数万分の一) ため、リスクもメリットも可視化されにくく、そのため心理的なバイアスに引きずられやすいためである。

すなわち誰に投票しても特にメリットなどない(ように感じてしまう)のだから、それならば信仰 (イデオロギー) に従おうということである。常日頃、良くみられる光景であるといえる。

・民主主義のパラドックスと対策

カプランによれば、現在の世の中には民主主義が何でも問題を解決する「デモクラシー原理主義」が蔓延しており、そこに上述4つのバイアスが加わることで、デモクラシーがより達成され、人々の意見が反映されればされるほど愚かな政策が選ばる。

そして最終的には人々の満足度が低下する「民主主義のパラドックス」が起こる。

この「民主主義のパラドックス」を是正するための政策提言として、カプランからは市場メカニズムのような明確なメリット/デメリットが存在する制度・ルールを政治に導入させるという、従来の公共選択論と同じ提案が基本線として出される。

加えてカプラン独自のものとして、

  • 投票者への経済学教育 (著者曰く、知性と経済学リテラシーは直結する)
  • 投票率を上げる試みの廃止
  • 経済リテラシーの高い人への加重投票権の付加

などを挙げている。

加えて「研究者はもっと、人々の合理性や愚かさについて認識しないといけない」と提言し、文章は結ばれる。

非常に挑発的でひねくれた内容、しかも要はわれわれ一般市民をバカにしている内容なので、人によっては読んだあと激怒するかもしれないと思うのだが、そこは緻密な論理展開と豊富なデータと統計解析 (先の4つのバイアスは回帰分析によって行われている) による補強がなされ、なるほどと思わせる内容となっている。

それにしても、これら4つのバイアスというのは非常に興味深い。

なるほど誰とは言わないが、世で人気の評論家・ジャーナリストないし雑誌や新聞などの論壇で活躍する学者・知識人、または政党、政治団体、そしてイデオロギーなどなどを観察すると、この4バイアスを上手く組み合わせて意見を表明し、人気を得ているヒト・モノ・コトが多い。まったくもって皮相的な笑いしか起こらない。

【関連本の紹介】

元々この本はドナルド・ウィットマンの『デモクラシーの経済学―なぜ政治制度は効率的なのか』を意識して書かれたものだという。

また、本書に出てくる4つのバイアスに関連して、

・市場取引が人間に倫理性を芽生えさせたことを解説する本

ポール・シーブライト『殺人ザルはいかにして経済に目覚めたか?―― ヒトの進化からみた経済学』

スティーブン・ピンカー『暴力の人類史』

ダイアン・コイル『ソウルフルな経済学』

・貿易取引と人類の繁栄を述べた本

マット・リドレー『繁栄―明日を切り拓くための人類10万年史』

・AI・機会が人間から仕事を奪う現象についての本

ブリニョルフソン他『ザ・セカンド・マシン・エイジ』

タイラー・コーエン『大格差:機械の知能は仕事と所得をどう変えるか』

・人間の悲観主義をおもしろおかしく笑い飛ばした統計エッセイ

パオロ・マッツァリーノ『反社会学講座』『続・反社会学講座』

などがあります。

【書誌情報】

読みやすさ・・・翻訳者が「あとがき」でわざわざ触れているくらい文章が硬く読みにくい。

が、各章最後に内容がまとめられているなど、読者の内容理解には一定の配慮がなされている。また訳者あとがきによる解説は非常に丁寧で分かりやすく、これだけでも読む価値があるのでは。

分量:全体447ページ、本文400ページ、訳者あとがきによる解説11ページ

発行:2009年

出版:日経BP社

価格:2400円+税

著者:ブライアン・カプラン
1971年生まれ。カリフォルニア大学バークレー校で経済学修士、プリンストン大学院経済学博士修得。現在、ジョージ・メイスン大学准教授(公共選択論、投票の非合理性)

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク