18年Q1タブレット市場、アップルiPadのシェアが上昇。一人勝ち傾向が強まる

スポンサーリンク

18年Q1タブレット市場、アップルiPadのシェアが上昇。一人勝ち傾向が強まる

調査会社のIDCは2018年第1四半期(Q1;1月~3月)におけるタブレット市場の市場動向を公表、アップルはiPadシリーズを計910万台出荷し、同市場において4年ぶりに高いシェア(市場占有率)を記録しました。

前年同期のシェア24.9%に対し、iPadのここ3ヶ月間におけるシェアは28.8%。これはiPadが32.1%のシェアを記録した2014年第1四半期以来の高シェアとなっています。

・Q1(1~3月期)における、アップルのタブレット市場シェア

  • 2013: 40.2%
  • 2014: 32.7%
  • 2015: 26.8%
  • 2016: 25.9%
  • 2017: 24.9%
  • 2018: 28.8%

(IDC調べ)

先日アップルが発表した同社2018年1月~3月期決算においても、iPadは前年同期を上回る販売台数を示しており、このシリーズの好調さが見て取れます。

ただiPadが好調な数字を示す一方、タブレット市場そのものは縮小が進んでおり、IDCは市場が前年同期比で11.7%減少したものとしています。

なお市場でのアップルの有力なライバルで市場シェア2位のサムスンは530万台を出荷(17年Q1は600万台)、市場シェアは16.7%でした。サムスン以下ファーウェイ、レノボ、Amazonと続きます。

・2018年Q1(1~3月)におけるタブレット市場の各社出荷台数と市場シェア

出荷台数 シェア
アップル 910万台 28.8%
サムスン 530万台 16.7%
ファーウェイ 320万台 10.0%
レノボ 210万台 6.6%
Amazon 110万台 3.5%
その他 1090万台 34.4%

アップルは3月末に新型9.7インチiPadを発売しており、Q2(4月~6月)は、さらなる本体出荷台数増が見込めそうです。

参考: IDC

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク