Digitimes「iPad Pro 5 のミニLED用フレキシブルプリント基板、製造は台湾Zhen Ding TechnologyとFlexium Interconnectが担当。2021年Q1発売」

スポンサーリンク

Digitimes「iPad Pro 5 のミニLED用フレキシブルプリント基板、製造は台湾Zhen Ding TechnologyとFlexium Interconnectが担当。2021年Q1発売」

台湾の通信業界向けマスコミDigiTimesが、アップルの新型タブレット「iPad Pro 第5世代(iPad Pro 5)」の最新レポートを行っています。

ミニLED用フレキシブルプリント基板の製造担当メーカーが明らかに

新たにディスプレイにミニLEDパネルを備え、5G通信にも対応するとされるiPad Pro 5。

DigiTimesよれば、新たに台湾Zhen Ding TechnologyとFlexium InterconnectがミニLED用フレキシブルプリント基板の製造を担うことになりました。

くわえて同紙は、iPad Pro 5の発売時期について「2021年Q1(第1四半期;1月~3月)」としました。この発売時期は、以前紹介したITサイトThe Elecのレポートと異なるものとなっています。

Digitimesによれば、2020年第4四半期から上述2社がミニLEDバックライトモジュールの少量出荷を開始する予定とのこと。

なおアップルのミニLED製品として噂に上っている製品としては、今回のiPad Pro 5のほかに、「新型 14.1インチMacBook Pro」「新型 16インチMacBook Pro」がありますが、こちらについて今回のレポートでは触れられていません。

【関連記事】

ミニLEDディスプレイ搭載の「iPad Pro 5」、ディスプレイはLGが供給。2020年Q4発売 ...

SOURCE:macrumors.com

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク