新型「Galaxy Tab S7+」の主要スペックがリーク

スポンサーリンク

新型「Galaxy Tab S7+」の主要スペックがリーク

・Galaxy Tab S7の本体デザイン

サムスンの新型ハイエンドタブレット、「Galaxy Tab S7+」のスペックがリークされています。

見えてきた、Galaxy Tab S7+のスペックの全体像

これはベンチマークソフトGeekBenchのデータベースから判明したもの。

順に確認していくと、チップセットにSnapdragon 865、メモリが6GB、OSは最新Android 10。モデルナンバーはSM-T976B。

またこれまでのリークにおいて、12.4 インチディスプレイ、120Hzリフレッシュレート対応、Sペン対応、メインカメラがデュアルカメラ。そしてバッテリー容量が10,090 mAhということが明らかになっています。

よって今回のリークも加わり、主なスペックが判明した形となりました。

なおSnapdragon 865を搭載するだけあって、GeekBenchベンチマークスコアはシングル:4277、マルチ:13286と高スコアなものになっています。

【関連記事】

「Galaxy Tab S7」の本体デザインがリーク。11型・OLED・デュアルカメラ。著名情報提供者から サムス...
新型「Galaxy Tab S7+」、Bluetooth SIG認証通過。先日のWi-Fi アライアンス認証通過に続いて ・現行「...

SOURCE:nashvillechatterclass

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク