22年秋新型「iPad 第10世代」のスペックがリーク。チップセット・画面サイズ大型化・USB-Cポートなど。

スポンサーリンク

22年秋新型「iPad 第10世代」のスペックがリーク。チップセット・画面サイズ大型化・USB-Cポートなど。

・イメージ

「iPad 第10世代」のスペック

サイト9to5MAcにより、Appleの次期モデル「第10世代 iPad」のスペック性能がリークされています。

この新型iPadは、Lightningポートの代わりにUSB-Cポートを搭載します。すなわちこれで、全iPadシリーズににおいて、ポートがUSB-Cとなります。

そのほか、ディスプレイは現行の10.2インチディスプレイからアップグレードし、より大きな10.5インチディスプレイを搭載。この情報はディスプレイアナリストのロス・ヤング氏からの情報。

またチップセットでは、「A14 Bionic」チップを搭載。A14はiPhone 12シリーズで初めて搭載され、第4世代iPad Airでも採用されています。

加えて注目点として、5G通信にも対応します。

現状、デザイン面については不明。Touch ID電源が搭載されるのか、それともこれまで通り、ホームボタンに固執するのかは不明となっています。

そして発売時期は「2022年秋」と予想されています。

ミニLEDは搭載しない

iPad Proで搭載された「ミニLED」パネルについては、搭載されない様子。また、登場が期待される有機ELディスプレイについても、このモデルでの搭載は未確定となっています。

SOURCE:macrumors.com

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク