韓国メディア報道、有機EL搭載「iPad」が2022年発売。LG・サムスンの技術により薄型化を実現

スポンサーリンク

韓国メディア報道、有機EL搭載「iPad」が2022年発売。LG・サムスンの技術により薄型化を実現

韓国のサプライヤー情報に詳しいIT/エレクトロニクス関連メディア、etnewsがアップルのタブレット「iPad」に関する最新情報を伝えています。

有機ELディスプレイ搭載 iPad

レポートによれば、アップルは2022年のモデルからiPadに有機ELディスプレイを搭載するとのこと。

サプライヤーも決まっており、サムスンディスプレイとLG ディスプレイが担当します。

LG・サムスン両社の技術により、薄型OLEDを達成

さらには、このiPad向け有線ELディスプレイはフレキシブルとリジッドな有機ELテクノロジーを組み合わせたハイブリッドパネルとなっており、通常の有機ELパネルよりも薄型化が図られるとのこと。

具体的な供給計画としては、サムスンディスプレイが2022年から、LGディスプレオが2023年からそれぞれ有機ELパネルの供給を開始します。

サムスン・LG両社のパネルは、TFT(Thin Film Transistor)基板に硬質ガラスを使用することでリジッド特性を持ちつつも、さらにフレキシブル有機ELに採用されているTFE(Thin Film Encapsulation)保護技術を組み合わせることで、薄型化を達成。

この技術をサムスンは「UT(Ultra Thin)」パネル、LG ディスプレイは「ATO(Advanced Thin OLED)」パネルと呼んでいます。

SOURCE:etnews.com

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク