台湾紙報道:2021年発売の新型「iPad Pro 5」は、ミニLEDディスプレイを搭載する初めてのタブレットに。パネル供給元は台湾AUO

スポンサーリンク

台湾紙報道:2021年発売の新型「iPad Pro 5」は、ミニLEDディスプレイを搭載する初めてのタブレットに。パネル供給元は台湾AUO

・こちらは現在のiPad Pro

台湾の大手新聞・チャイナタイムスが、今後のタブレットにおけるミニLEDパネル搭載の動向を伝えています。

2021年発売、iPad Pro 第5世代

テクノロジー関連を扱うシンクタンク・omdiaによる分析として同紙が伝えるところによれば、2021年はいよいよ、ミニLEDディスプレイを搭載したタブレットが市場に流通する年に。

そのトップバッターとして、アップルから「12.9インチ iPad Pro 第5世代」が発売されます。

アップルのタブレットといえば、先日デザインがリークされた新型「iPad Air 4」など、今後iPad Proライクな狭小ベゼルデザインを搭載する機種が増え、デザイン上の違いが見えなくなっていく中、iPad Proは「ディスプレイの美しさ」をほかiPad各機種との差別化の一つに据える方針の様子。

・先日リークされた、iPad Air 4

ミニLEDの供給元は台湾AUO

画質、コントラスト、省電力性など様々な点で優れているミニLEDディスプレイですが、欠点が無いわけではなく、例えばそれはコストの高さ。

現在、12.9インチタブレット向けパネルのコストは約44米ドル。これがOLEDパネルになるとそのコストは76米ドルに上りますが、ミニLEDパネルでは300米ドルにも達します。

iPad Pro 第5世代のミニLEDパネル、その供給元は台湾AUO(BenQグループ)。

現状ミニLEDパネルを供給するメーカーは同社含め数社しかなく、今後ミニLEDディスプレイの需要が高まる中で、AUOの好況が続くだろう旨をチャイナタイムスは伝えています。

なお記事中においては、サムスンもミニLEDディスプレイを搭載した機種を開発中であることがレポートされていました。これも紹介しますと文が長くなるので、別稿で…。

【関連記事】

台湾紙報道、iPad Pro 5搭載の新チップ「A14X」は2020年Q4に生産開始。5nm製造プロセス、12インチMacBookにも搭載 ...

SOURCE:chinatimes.com

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク