台湾シンクタンク報道、iPhone 13では全モデルにLiDARスキャナを搭載

スポンサーリンク

台湾シンクタンク報道、iPhone 13では全モデルにLiDARスキャナを搭載

台湾のシンクタンク/専門誌Digitimesによりますと、アップルは2021年新型「iPhone 13」シリーズにおいて、全モデルにLiDARカメラを搭載します。

LiDARのメリット

レーザーパルスを直接照射する「ダイレクト方式(dToF)」を採用するLiDARスキャナですが、通常の「インダイレクト方式(iToF)」に比べ、センシング精度(より細かく計測できる)や屋外使用可能どいった点で優れているとされています。

iPhone 12同様、サイズごとに4つのモデルの展開が予想されている新型「iPhone 13」。そしてiPhone 12では Proシリーズのみの搭載となっていたLiDARスキャナ。

iPhone 13では全モデルにLiDARスキャナが搭載されるとのことで、標準モデルにおいても、より美しいカメラ写真撮影が期待できそうです。

・LiDARスキャナ(dToF方式)と一般的なToFセンサー(iToF方式)の違い

なお今回のレポートによれば、iPhone 13シリーズでのILiDARスキャナー向けVCSELチップでは、新たにアメリカの企業II-Vがサプライヤーとして加わるとのこと。iPhone 12でのサプライヤー・Lumentumも、引き続き参加するようです。

SOURCE;digitimes.com

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク