ミンチー・クオ「ArmベースのMacBook Pro 13.3型が2020年末に発売。新デザインのArm iMacも」

スポンサーリンク

ミンチー・クオ「ArmベースのMacBook Pro 13.3型が2020年末に発売。新デザインのArm iMacも」

Apple関連のアナリストとして知られるMing-Chi Kuo氏により、最新投資家向けレポートが公開されています。

Armベースのチップを採用する最初のMacは、2020年終わりに発売

Kuo氏によると、Armベースのチップを採用する最初のMacは「MacBook Pro 13.3インチ」とフォームファクタを一新した「iMac」。両モデルは先のWWDCで発表され、発売時期は2020年の第4四半期(10月~12月)~2021年の早い時期。

これら2つのArmチップモデルに関して、まず13.3インチ MacBook Proは、フォームファクタなど本体デザインは既存モデルと同様のものを採用。またこの新型13.3インチMBPの発売後は、現行13.3インチMBPの生産は終了となります。

一方のArm iMacは、まったく新しいフォームファクタデザインを採用。ディスプレイは24インチ。ただこのARM iMacの発売前に、既存のIntel iMacのリフレッシュモデルも登場する見込み。その発売は第3四半期(7月~9月)の20日。

2021年のArm MacBookの展開

さらにKuo氏によれば、今後、Armベースのチップを搭載したMacBookが2021年後半に生産開始、同じくミニLEDディスプレイを搭載したMacBook2021年前半に発売されるとのこと。これらについては「まったく新しいフォームファクタデザイン」だそうで、そちらにも期待が高まります。

SOURCE:macrumors.com

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク