台湾紙報道、任天堂が2021年1月~3月に「新型ニンテンドースイッチ」を発売。より優れたディスプレイ性能を搭載

スポンサーリンク

台湾紙報道、任天堂が2021年1月~3月に「新型ニンテンドースイッチ」を発売。より優れたディスプレイ性能を装備

台湾の経済紙エコノミックデイリーニュースより、「新型ニンテンドースイッチ」登場の旨が伝えられています。

2021年1Q発売。より高性能に

サプライチェーン筋からのインサイダー情報として伝えられている今回の話。それによれば、今回の新型スイッチは2020年後半に生産が開始、発売は2021年1Q(1月~3月)。

この新型モデル、特徴としては「アップグレードしたインタラクティブ性」「改善されたディスプレイ性能」が新たに搭載されるとのこと。

なお新型ニンテンドースイッチ発売の話については、これまでも台湾のシンクタンクDigitimes、ゲームアナリストのセルカン・トト氏、または米ブルームバーグなど複数メディア等から、「Nintendo Switvch Pro」とでも呼ぶべき強化モデルの発売が伝えられており、信憑性が高いものとなっています

くわえてSwitch本体ファームウェアからも謎と呼ぶべき「第3のSwitch」の存在明らかになっており、目が離せません。

なおトト氏によれば、この新型スイッチは性能がアップし4K解像度に対応、大容量カートリッジにも対応。そして本体価格は約4万4000円になるとのこと。

今後の任天堂の展開に期待したいところとなっています。

【関連記事】

アナリスト「2020年にニンテンドースイッチProが発売される。4Kサポート、価格約4万4000円、より大容量のゲームカートリッジ採用」 ...
新型「Nintendo Switch Pro / lite 」、リーク情報まとめ5トピックス 更新情報 7/11:「①:ニンテンドー...

SOURCE:videogameschronicle.com

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク