次世代機「ニンテンドースイッチ2」、ロースペック路線継続か?求人募集広告が登場

スポンサーリンク

次世代機「ニンテンドースイッチ2」、ロースペック路線継続か?求人募集広告が登場

任天堂の次世代ゲーム機「Nintendo Switch2(仮)」の開発が、着々と進められているようです。

以下、概要。

・Nvidiaが掲載した求人情報から、任天堂の次世代ゲーム機「Nintendo Switch 2」への憶測が復活している。

・このNvidiaの求人は、「ゲーム機開発ツールエンジニア」に関するもの。

・求人では、「次世代のゲーム機用グラフィックデベロッパーツールを開拓するために、深い技術力を持ち、創造的で実践的なソフトウェアエンジニアを募集している 」と記され、「世界中の開発者がフルパワーに活用できるようにするツールを構築する人」を募集している。

・PlayStation 6 や次世代Xbox など、他社の次世代ゲーム機は AMD製品をプロセッサパーツに採用する予定であり、新しい Nvidia Shield Portable が登場しない限り、上記募集は任天堂の次世代ゲーム機のためのものとなる

・そしてこれまでの情報を整理すると、現在任天堂が作っているのは、上位モデルの「Switch Pro」というより、次世代ゲーム機の「Switch2」と呼べそうだ。

・NvidiaのSwitch 2用SoCは、グラフィックス強化のためのDLSSをサポートと言われている。

・もし既報のようにカスタマイズしたOrinチップをベースにしたものになるなら、Switchの(現在採用する)Tegra X1 SoCを大きく上回るはず(たとえば、メモリ帯域はTegra X1の25.6GB/秒に対し、この新チップでは204.8GB/秒になる)。

ニンテンドースイッチ2の性能を伺わせる文言

また興味深いのは、今回の求人において、次のような文言があったことです。

・今回のNvidiaの求人では、「より高く安定したフレームレートを開発者が達成できるようにする」こととともに、「低レベルなGPUパフォーマンスのチューニング/最適化」のノウハウを知っている人を探している、と記されている。

SOURCE:Tech4Gamerswccftech.com

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク