サムスンの新型高性能折りたたみ型ガラホ、正式名称は「W20 5G」に。5G通信に対応

スポンサーリンク

サムスンの新型高性能折りたたみ型携帯電話、正式名称は「W20 5G」に。5G通信に対応

先日Wi-Fiアライアンスから存在が確認された、サムスンの高性能折りたたみ型ガラホ「W2020(仮)」。

サムスンの高性能折りたたみ型ガラホ「W2020」がリーク サムスンの新型折りたたみ型携帯電話(日本でいうところのガラホ)「...

この新型デバイスですが、どうやら正式名称は「W20 5G」となるようです。Weiboにて広告画像がリークされました。

そして名称からわかる通り、5G通信に対応。

この「サムスン W20 5G」ですが、スペックは今のところ不明。噂情報としてはチップセットにSnapdragon 855、ストレージが512GB。トリプルカメラを搭載するとの話。

なお昨年発売されたサムスンW2019のスペックを確認すると、ディスプレイは4.2インチSuperAMOLED有機ELディスプレイ、解像度1080 x 1920ピクセル(フルHD)。

CPUがSnapdragon 845、GPUがAdreno 630。メインカメラは1200万画素 + 1200万画素デュアルカメラ。前面カメラは800万画素シングルカメラ。

ほかAndroid 8.1 Oreo、3,070 mAhバッテリー、記憶容量128GB / 256GB、メモリ6GBという構成。シリーズの特徴である「高性能ぶり」は、この機種でもいかんなく発揮されており、発売時点において、ハイエンドスマートフォンとしてみても遜色ないスペックとなっていました。なお2018年11月に発表されています。

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク