噂:21年高性能チップ「Snapdragon 875」は、現行SD865から100ドル近く値上がりし、250ドルの高価格。高性能スマホの価格がさらに上がりそう

スポンサーリンク

噂:21年高性能チップ「Snapdragon 875」は、現行SD865から100ドル近く値上がりし、250ドルの高価格。高性能スマホの価格がさらに上がりそう

レポートによると、2021年に登場する新型高性能SoC「Snapdragon 875」は、パッケージ価格が250ドル(約2万7000円)になる模様。

これは現行Snapdragon 865の150〜160ドルから、100ドル近い値上がりとななります。

加えてSnapdragon 875はチップ部分だけで130ドル(約1万4000円)となり、同80ドルだったSD865から大幅な価格上昇となる見込みです。

Snapdragon 875の価格上昇がもたらすもの

一般的に、部品コスト、特にスマートフォン・タブレット等デバイスの心臓部を占めるチップセット価格の上昇は本体価格の上昇につながることが多いので、結果として、2021年高性能スマートフォンは現在よりさらに本体価格が値上がりすることとなりそうです。

SOURCE:clien.net

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク