ラベルライター、4機種の比較まとめ

スポンサーリンク

ラベルライター、4機種の紹介まとめ

・このページの目的

事務作業で必要なラベルライター。カワイイ文字が作れるものから、スマートフォンと連携した最新機種まで、さまざまな製品を紹介しています。

【5,000円以下】

・キングジム:テプラPRO SR-GL1

実勢価格:4840円

内蔵文字数:-

ラベル幅:4/6/9/12/18mm 

最大登録可能文字数:90文字

電源:AC / 乾電池

【ポイント】

・シェルピンク色の本体に、リボンやレースなど女性らしいモチーフをあしらったデザイン。さらに天面には好みのりぼんを結んでアレンジすることができます。

・絵文字には、バラ、香水、宝石など女性から人気の高いイラストを採用(記号・絵文字で全687種類)。フォントや全69種類のフレームも、従来の「テプラ」には搭載されていない女性を意識したデザインから自由に選ぶことが可能です。

 

・ラベル幅は、4/6/9/12/18mm の4種類が用意されています。

・ブラザー:ピータッチ PT-J100W

実勢価格:3000円

内蔵文字数:7450文字

ラベル幅:3.5/6/9/12mm

最大登録可能文字数:80文字

電源:乾電池のみ

【ポイント】

・テンプレートとマークを選択し、テキストを入力するだけでラベルが作成できる「かんたんラベルモード」を搭載

・携帯電話と同じ「かなめくり」入力方式で、文字打ちもスムーズに行えます。

【5,000円~10,000円】

・キングジム:テプラPRO SR170

実勢価格:5500円

内蔵文字数:5259文字

ラベル幅:4/6/9/12/18 mm

最大登録可能文字数:90文字

電源:AC / 乾電池

【ポイント】

・オートカッターで手間いらず。印刷するたびにラベルを自動的にカットしてくれ、作業の効率を高めてくれます。

・入力した文字や記号と一緒に、iPhone内の写真やメモなどのデータとひも付けられる二次元コード「ピッとコード」を印刷することができます。

・ブラザー:ピータッチ キューブ PT-P300BT

実勢価格:5400円

ラベル幅:3.5/6/9/12mm

最大登録可能文字数:ー

電源:AC / 乾電池

【ポイント】

・スマートフォンアプリでラベルを編集できる家庭向けラベルライター。製品本体にはキーボードがなく、Bluetooth接続によって専用スマートフォンアプリからラベルを編集します。

・アプリに内蔵のフォントに加え、スマートフォン端末内蔵のフォントも使用することができます

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク