3/9発表?新型Mac mini、リークスペック情報まとめ8トピックス

スポンサーリンク

新型Mac mini(2022)、リークスペック情報まとめ

更新情報

3/4:「1:発表・発売日。3/9のイベントで発表か」「3:新チップ「Apple M1X Pro」「Apple M1X Max」を搭載」

1/24:「8:Thunderbolt/USB4のポート数が「4つ」に増える」

New→1:発表・発売日。3/9のイベントで発表か

発表・発売:2022年3月9日(日本時間)

アップルから新製品発表イベントの開催がアナウンスされました。開催日時は2022年3月9日午前3時(日本時間)。

当日は「iPhone SE 第3世代」らとともに、この新型「Mac mini(2022)」の発表も期待されています。

2:新型「Mac mini(2022)」のポイント

新型「Mac mini」のポイント

・デザイン:現行「Mac mini」とほぼ同じも、天面にプレキシガラスを設置する新デザインを採用。より高級感あるものに

・搭載ポート:Thunderbolt×4、USB-A×2、イーサネット、HDMI、さらに追加ポートが搭載

・本体サイズ:わずかに小さく

・チップセット:新型アップルシリコン「Apple M1X Pro」「Apple M1X Maxを搭載

・ほかのアップル機種と同じく、この新型Mac miniも多彩なカラーバリエーションが用意される

New→3:新チップ「Apple M1X Pro」「Apple M1X Max」を搭載

・高性能コア数、GPUコア数が増え、さらに高性能に

搭載チップでは、新たに「Apple M1X Pro」「Apple M1X Max」が積載されます。

これは2021年10月のイベントで発表された「MacBookPro 14インチ」「同16インチ」でも搭載されている新型のAppleシリコンチップとなります。

次期Appleシリコン「Apple M2」が搭載される「MacBook Air(2022)」とは異なり、こちらのチップが積載されるようです。

4:新型「Mac mini(2022)」の本体デザイン。高級化著しく

以下は、リーク情報に基づいた予想デザインとなります。

・搭載ポートでは、新たにThunderbolt3/USB4のポート数がこれまでの2つから、「4つ」に増えます。

・くわえて、天面にはプレキシガラス(のようなもの)を設置。より高級感あるデザインとなっています。

・天面以外の本体素材はアルミニウム

5:さまざまな本体カラーが登場

情報提供者のジョン・プロッサ―氏曰く、アップルは現在、iMacと同様、新型Mac miniにおけるさまざまなカラーオプションの展開についてもテストしているとのこと。

・本体カラー:ブルーの新型Mac mini(予想デザイン)

6:マグネットタイプの電源ポートを新搭載

先日発表された、「iMac 24インチ(2021)」同様、マグネットタイプの電源ポートを備えます。

・予想デザイン

Macminiポート

そのほかのポート類に関しては、4つのThunderboltポート、2つのUSB-Aポート、イーサネットポート、HDMIポートを引き続き備えます。

7:32GB・64GBメモリに対応

現在発売中の「Mac mini M1(2020)」では、メモリ容量は8GBのみにとどまっています(「MacBook Pro 13インチ M1」では16GBにも対応)。

これが次期Mac miniでは新チップ「Apple M1X Pro/Max」を搭載することにより、「32GB」「64GB」までのメモリに対応するといわれています。

8:Thunderbolt/USB4のポート数が「4つ」に増える

接続性も強化され、Thunderbolt/USB4のポート数が、これまでの「2つ」から「4つ」に増加となります。

そのほかのポートは、これまでと変わらず、以下の通りとなっています。

  • USB-Aポート(最大5Gb/s)x 2
  • HDMI 2.0ポート月
  • ギガビットEthernetポート(10Gb Ethernetに変更可能)
  • 3.5mmヘッドフォンジャック

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク