新型Mac mini(2021)、リークスペック情報まとめ6トピックス

スポンサーリンク

新型Mac mini(2021)、リークスペック情報まとめ

更新情報

6/20:「①:発表・発売日」「⑥:搭載チップは新型「M1X」」「④:さまざまな本体カラーが登場」

6/10:「③:新型「Mac mini」の本体デザイン」

New→①:発表・発売日

発表・発売:2021年10月下旬~11月

・著名リーカーによる発表時期予想

的中率の高さで知られる情報提供者Dylan氏によれば、アップルは「新型MacBook Pro 14インチ」「同16インチ」、そして「新型Mac mini」の3機種を今年2021年10月下旬~11月初頭にかけて発表します。

なお、この発表会では噂の「新型 Mac Pro」は発表されないとのこと。

②:新型「Mac mini」のポイント

新型「Mac mini」のポイント

・デザイン:現行「Mac mini」とほぼ同じも、天面にプレキシガラスを設置。より高級感あるものに

・搭載ポート:Thunderbolt×4、USB-A×2、イーサネット、HDMI

・本体サイズ:わずかに小さく

・チップセット:新型アップルシリコン「Apple M2(M1X)」を搭載

・ほかのアップル機種と同じく、新型Mac miniも多彩なカラーバリエーションが用意される

New→③:新型「Mac mini」の本体デザイン

以下は、リーク情報に基づいた予想デザインとなります。

・搭載ポートはこれまでのIntel Mac mini と変わりません

・天面にプレキシガラス(のようなもの)を設置。より高級感あるデザインとなっています。

・天面以外の本体素材はアルミニウム

New→④:さまざまな本体カラーが登場

情報提供者のジョン・プロッサ―氏曰く、アップルは現在、iMacと同様、新型Mac miniにおけるさまざまなカラーオプションの展開についてもテストしているとのこと。

・本体カラー:ブルーの新型Mac mini(予想デザイン)

⑤:マグネットタイプの電源ポートを新搭載

先日発表された、「iMac 24インチ(2021)」同様、マグネットタイプの電源ポートを備えます。

・予想デザイン

Macminiポート

New→⑥:搭載チップは新型「M1X」

・高性能コア数、GPUコア数が増え、さらに高性能に

搭載チップは新型Appleシリコン「Apple M1X(M2)」。昨年のApple M1比で高性能コア数、GPUコア数が増えており、さらなる高性能化が図られています。

・Apple M1X(M2)のスペック

・コア数:10コア(高性能コア数8、高効率コア2;M1は高性能コア数4、A14は同2コア)

・GPUコア数:16コア、32コア(M1は8コア)

・対応メモリ:16GB、32GB

・トランジスタ数:約240億個

・CPU周波数:3.2GHz(M1と同じ)

・製造プロセス:5nm(M1と同じ)

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク