2020年新型 MacBook Pro、まとめ情報トピックス

スポンサーリンク

20年新型MacBook Pro ほか、まとめ情報トピックス

このページでは、「MacBook」「MacBook Pro」の噂・リーク情報を紹介しています。

更新情報

5/23:「④:2021年1月~3月、MacBook Pro 14インチが発売」

【2020年登場モデル】

New➾①:新型MacBookPro 13インチ(2020年)が登場

・製品のポイント

・現行の13インチMBPのアップデートモデル。噂の14インチモデルではない

・キーボードは、新たに「Magic Keyboard」を搭載

・CPUは「第8世代Coreプロセッサ」または「第10世代Coreプロセッサ」から選ぶことができる

・第8世代Coreモデルでは、メモリ容量が8GB LPDDR3、ストレージが256GB/512GB。カスタマイズでそれぞれ、最大16GB、1TB/2TBまで増設が可能。

・第10世代Coreモデルでは、メモリ容量が16GB LPDDR4、ストレージが512GB/1TB。カスタマイズでそれぞれ32GB、2TB/4TBまで増設可能

【2020年の噂モデル】

②:新型Macbook が、20年6月ごろ発売?

アップル関係でおなじみのアナリスト、ミンチー・クオ氏が予想。

新たに、MacBook Pro 16インチ や MacBook Air 2020年モデルで採用された「シザー式キーボード」が搭載されるとのこと。

New➾③:2020年後半~21年、CPUがインテル製からARMベースの自社チップセット製になる?

2017年ごろから出てきた噂として、「MacのCPUが、現行のインテル製のものからARMベースのアップル自社製チップセットに移行される」というものがある

この話、17年10月に日本経済新聞が第1報をレポート。続いて18年4月に大手メディア・ブルームバーグがレポート。そして19年2月には、ネットメディアAxiosがそれぞれレポートするところとなっている。

Axiosの報道によれば、当のインテル自身、Mac 2020年モデルから自社製CPUの採用が終わり、ARMベースのチップセットに移行すると考え、経営計画を練っているとのこと。

また2020年3月のミンチー・クオ氏レポートによれば、このApple独自のチップを搭載したMacBookシリーズ(モデル名は不明)が、2020年後半~2021年に発売される。

・ARMベースチップセット採用によるメリット

すでにiPhone・iPad含め幅広いモバイルデバイスで採用されているARMベースのチップセット。このチップセットが搭載されるとなると、

アップル自社製チップ採用による、より迅速な商品展開

(インテルのリリース計画に付き合う必要がなくなり、より自由な商品展開ができるように。ひいては迅速な新モデルリリースも可能に)

バッテリー持ち時間の大幅な伸び

(例えばSnapdragon 850を搭載するレノボYoga C630は、バッテリ駆動時間が18.6時間にもなる)

といったことがメリットとして考えられる。

ソース

【2021年モデル】

New➾④:2021年1月~3月、MacBook Pro 14インチが発売

著名情報提供者Jon Prosser氏によれば、2021年1月から3月(21年初頭)にMacBook Pro 14インチが発売されるとのこと。

Jon Prosser「2021年1月~3月、MacBook Pro 14インチが発売される」 情報提供者の@L0...

⑤:デザインが刷新された新型 MacBookPro が、2021年に登場

アナリスト、ミンチー・クオ氏の予測。

外見デザインが刷新された新型 MacBookProが、2021年第2四半期~第3四半期にかけて発売される

なおこの新モデル、 MacBookAirになるかもしれないとのこと。

ソース

⑥:気になるMacBook関連の特許の数々

・MacBookから、iPhoneへのワイヤレス充電が可能に

デバイス間でのワイヤレス充電を可能とする特許。

特許図によれば、MacBookやiPadから、iPhone・Apple Watchなどアップル製デバイス へのワイヤレス充電が可能になる様子。

アップルが新充電技術を特許出願。MacBookやiPadからiPhoneへの無線充電が可能に? 先日、アップルがアメリカ合...

・ソフトウェアキーボードを、より本物っぽい使用感にさせる技術

iPhoneやMacBookでもおなじみの「アクチュエーター」による触覚フィードバック機能を使用。

ソフトウェアキーボードながら、まるでホンモノのキーボードに触れているかのような触覚体験を可能とする。

アップルが新充電技術を特許出願。MacBookやiPadからiPhoneへの無線充電が可能に? 先日、アップルがアメリカ合...

・ガラス製ソフトウェアキーボード

上層に変形可能なガラス、下層にはタッチセンサーの

アクチュエーターによる触覚フィードバックを用いて、ガラス製ソフトウェアキーボードながら、本物のような使用感をもたらすとのこと。

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク