【安い】1~2万円前半で買えるタブレットおすすめ11機種

スポンサーリンク

安くてお買い得!1~2万円台前半で買える、タブレット機種の紹介まとめ

更新履歴

6/22:「ASUS:ZenPad 7.0 Z370C」「ASUS:ZenPad S 8.0 」の追加

このページのテーマ:

数あるAndroidタブレット機種の中から、1万円~2万円台のお値段で購入できる「オススメ機種」を集めました。基本的に紹介する商品は新品ですが、一部中古も混ざっています。

【選んだポイント】

①:ディスプレイ解像度は、見やすさを考慮してフルHD 1920×1080ピクセル 以上(できるだけ)

筆者は日頃HD:1280×720解像度のAmazon Kindle Fire HD8を愛用していますが、この解像度だと使用していて少しきついなと感じます。よって、できるだけ解像度「フルHD以上」の機種を基準に

②:Antutuスコアは3万点以上

Antutuスコア3万点ぐらいの場合、タブレットで最も多く行うWeb閲覧はまあサクサク。一方でフルHD動画の再生や3Dゲームはちとキツイ

③:できるだけ最新のOSを搭載した機種

セキュリティや使いやすさの観点から

・アップル:iPad mini 2 Wi-Fi 16GBモデル

海外レビュー平均スコア:90

実売価格:

17,000円(中古)

2013年10月発売

ポイント:

例外的に1.7万円ほどの中古モデルを掲載。新品では価格3万円程度。

スペック的にはiPhone 5sと同じ程度で、今回紹介の機種のうちで最もベンチマークスコアが高い。

・べンチマークスコア

Antutu ver.6(総合性能) 60,000ほど
Geekbench4

(CPU性能)

Ice Storm Unlimited (3Dゲーム)  14,200
最大輝度
コントラスト比
色再現度(Colorchecker DeltaE2000)
Webブラウザ読み込み速度(Sunspider)

・スペック

OS iOS(iOS 11対応)
CPU A7
RAM 1GB
画面 7.9 インチ、IPS
解像度 2,048 x 1,536、326 ppi
容量 16GB
カメラ 500万画素 /120万画素
無線LAN IEEE802.11 b/g/n、Bluetooth 4.0
通信機能
サイズ 134.7×7.5×200 mm
重量 331 g
バッテリー 23.8Wh、最長10時間
防水防塵
SDカード なし
その他

ここが○ ここが×

ここが○ ここが×
 iOSの使いやすさ microSDカードスロットが使えない

New➾・ASUS:ZenPad 7.0 Z370C

海外レビュー平均スコア:70

zenpad

2014年10月発売

価格:15,000円ほど

・性能スコア

Antutu ver.6(総合スコア) 21,000ほど
Geekbench 4 (CPU性能) シングル :380/マルチ :1120
GFX  (3Dグラフィック) 492
Ice Storm Unlimited (3Dゲーム) 5100

最大輝度 274カンデラ
コントラスト比 良くない
Webブラウザ読み込み速度(Sunspider) 2250

・スペック

OS Android 5.0.2
CPU Atom x3-C32
RAM 2GB
画面 7 インチ
解像度 1280×800
容量 16GB
カメラ 500 万画素/30 万画素
サイズ 110.9×8.7×189 mm
無線LAN IEEE802.11b/g/n
重量 272 g
バッテリー 3450mAh、駆動時間:8時間

ポイント

動作中カクツキが多々発生するようで、評判は良くない。確かにほぼ同価格のNexus7 2013とAntutuでのスコアはほぼ同じだが、CPU、グラフィック性能の点では大きく劣っている。ディスプレイ性能も良くない。

ここが○、ここが×

ここが〇 ここが×
美しい本体デザイン microSDカードを入れるにはバックカバーを外さなくてはならず、面倒
バッテリーの持ちが悪い
カクツキがある
ディスプレイは暗く、視野角も広くない

・ASUS:ZenPad S 8.0  Z580CA 32GB

海外レビュー平均スコア:77

ASUS ZenPad S 8.0

2015年9月発売

価格:25,000円(中古:1万7800円ほど)

Antutu ver.6(総合スコア)  58,300
Geekbench3(CPU性能) シングル:920/マルチ:2900
3DMARK Ice StormUnlimited(3Dゲーム) 20000
最大輝度 369(ふつう)
コントラスト比 1:1780 (優秀)
色再現度(Colorchecker DeltaE2000) 5.45(ふつう)
Webブラウザ読み込み速度(Sunspider) 832

・スペック

OS Android 5.0
CPU Atom Z3580
RAM 4GB
画面 7.9 インチ、IPSL
解像度 2048×1536
ストレージ容量 32GB
カメラ 220万画素 /810万画素
無線LAN IEEE802.11a/b/g/n/ac
サイズ 134.5×6.6×203.2 mm
重量 298 g
バッテリー 4000mAh、

Wi-Fi 通信(動画連続再生):8時間

その他 micro SDカード

ポイント:iPad miniの対抗製品として人気。16GBモデルと本機では搭載CPU/メモリが異なる。

ここが○ ここが×

ここが○ ここが×
軽い298g 白みがかった液晶
サクサク動く 音量ボタンの安っぽさ
4:3のディスプレイで読書がしやすい 4:3のディスプレイは動画視聴には向いていない
カメラの画質が悪い
ASUSおなじみの大量の付属ソフト。

大抵が消すことも無効化することもできない

流石にOSが古い

・ASUS:Zen Pad S 8.0 Z580CA 16GB

海外レビュー平均スコア:73

ASUS ZenPad S 8.0

2015年9月発売

価格:2万4000円ほど

Antutu ver.7(総合スコア)
Geekbench3 (CPU性能) シングル:マルチ:
Ice Storm Unlimited (3Dゲーム) 19000

最大輝度 369(ふつう)
コントラスト比 1:1780(優秀)
色再現度(Colorchecker DeltaE2000) 5.45(ふつう)
Webブラウザ読み込み速度(Sunspider) 832

・スペック

OS Android 5.0
CPU Atom Z3560
RAM 2GB
画面 7.9 インチ、IPSL
解像度 2048×1536
ストレージ容量 32GB
カメラ 220万画素 /810万画素
無線LAN IEEE802.11a/b/g/n/ac
サイズ 134.5×6.6×203.2 mm
重量 298 g
バッテリー 4000mAh、Wi-Fi 通信(動画連続再生):8時間
その他 micro SDカード
実売価格 30000円前後

ポイント:こちらの16GBは搭載メモリ/CPUの性能が32GBモデルより劣り、それほど人気がない

ここが○ ここが×

ここが○ ここが×
軽い298g 白みがかった液晶
サクサク動く 音量ボタンの安っぽさ
4:3のディスプレイで読書がしやすい 4:3のディスプレイは動画視聴には向いていない
32gbモデルほどは性能が良くない

・au:Qua tab PX au

海外レビュー平均スコア:ー

2016年7月発売

実売価格:

19,000円(au回線LTEモデル)

ポイント:

キャリアモデルのタブレットで、au回線が使えて2万円以内。auのほかのタブレットと同様に、値下がりしやすく一部ユーザーから熱視線。

Android 7.0アップデートにも対応。

・べンチマークスコア

Antutu ver.6(総合性能) 45,000ほど

Geekbench4

(CPU性能)

Ice Storm Unlimited (3Dゲーム)
最大輝度
コントラスト比
色再現度(Colorchecker DeltaE2000)
Webブラウザ読み込み速度(Sunspider)

・スペック

OS Android 7.0アップデート可
CPU Snapdragon 625

MSM8952 1.5GHz+1.2GHz

RAM 2GB
画面 8.0 インチ、IPS
解像度 1900×1200
容量 16GB
カメラ 500万画素 /500万画素
無線LAN IEEE802.11 a/b/g/n/ac、Bluetooth 4.2
通信機能 受信最大/送信最大:150/25Mbps
サイズ 124×7.8×211 mm
重量 310 g
バッテリー 4800mAh、スタンバイ:4G LTE800時間
防水防塵 IPX5/IPX7・IP6X
SDカード microSDカード:200GBまで
その他 SIMロック解除可 (nano-SIM)

ここが○ ここが×

ここが○ ここが×
安さの割には性能が良い au謹製アプリが邪魔
Snapdragon 625搭載で同価格帯機種よりベンチマークスコアが良い

・au:Qua tab PZ au

海外レビュー平均スコア:ー

2016年7月発売

実売価格:

20,000円(au回線LTEモデル)

【ポイント】

auLTE&10インチ越え&ワンセグ/フルセグにも対応して2万円。スペック性能やベンチマークスコアも〇

・べンチマークスコア

Antutu ver.6(総合性能) 45,000ほど
Geekbench4(CPU性能)
Ice Storm Unlimited (3Dゲーム)
最大輝度
コントラスト比
色再現度(Colorchecker DeltaE2000)
Webブラウザ読み込み速度(Sunspider)

・スペック

OS Android 6.0
CPU MSM8952 1.5GHz+1.2GHz
RAM 2GB
画面 10.1 インチ、IPS
解像度 1900×1200
容量 16GB
カメラ 500万画素 /500万画素
無線LAN IEEE802.11 a/b/g/n/ac、Bluetooth 4.2
通信機能 受信最大/送信最大:150/25Mbps
サイズ 258 × 164 × 7.9mm
重量 486g
バッテリー 7000mAh、スタンバイ:4G LTE930時間
防水防塵 IPX5/IPX7・IP6X
SDカード microSDカード:256GBまで
その他

SIMロック解除可 (nano-SIM)

ワンセグ/フルセグTV対応

ここが○ ここが×

ここが○ ここが×
 ディスプレイがきれい

New➾・BLUEDOT:BNT-1061W

2017年7月発売

実売価格:16,000円

ポイント:

今回紹介する機種の中では、最安モデル。1万6000円ながら、10.6型フルHD1920×1080・メモリ2GB・ストレージ32GB・Wi-Fiac対応と次第点なスペックを誇る。

ただしOSは少し古いAndroid 6.0。また最新の10型タブレットと異なり、600gほどと、少し重い

・べンチマークスコア

Antutu ver.6(総合性能)
Geekbench4(CPU性能)
Ice Storm Unlimited (3Dゲーム)

・スペック

OS Android 6.0
CPU Cortex A53 1.3GHz
RAM 2GB
画面 10.6インチ、IPS
解像度 1920×1080
容量 32GB
カメラ 200万画素 /30万画素
無線LAN IEEE802.11 a/b/g/n/ac、Bluetooth
通信機能 受信最大/送信最大:-Mbps
サイズ 268×9.6×168 mm
重量 598g
バッテリー 4800mAh
防水防塵 IPX5/IPX7・IP6X
SDカード microSDカード対応
その他 SIMロック解除可 (nano-SIM)

・Huawei:MediaPad M3 Lite Wi-Fiモデル CPN-W09

海外レビュー平均スコア:77

2017年8月発売

価格:

24,000円 (Wi-Fiモデル)

なおLTEモデルは34,000円

【ポイント】

低価格の割には性能も良く、メモリは3GB、Wi-Fiはac対応、Android OSは7.0。

LTEモデルや10インチモデルも発売されている。

・ベンチマークスコア

Antutu 6 45,000
GeekBench 4 (CPU性能) シングル:640 マルチ:2800
Ice Storm Unlimited (3Dゲーム) 7940
最大輝度
コントラスト比
色再現度(Colorchecker DeltaE2000)
Webブラウザ読み込み速度(Sunspider)

・スペック

OS Android 7.0 Nougat
CPU MSM8940(Snapdragon 435) オクタコア
RAM 3GB
画面 8.0 インチ、IPS
解像度 1900×1200
容量 32GB
カメラ 800万画素 /800万画素
無線LAN IEEE802.11 a/b/g/n/ac、Bluetooth 4.1
通信機能(SIMフリーモデル)

通信速度 下り(受信時)最大:150Mbps (LTE)

上り(送信時)最大:50Mbps(LTE)

FDD-LTE: B1/3/5/7/8/18/19/20/26

TDD-LTE: B38/40/41

サイズ 123.3×7.5×213.3 mm
重量 310g
バッテリー 4800 mAh

ここが○ ここが×

ここが○ ここが×
カメラが背面前面共に800万画素 3Dゲームをするのはきつい性能
Wi-Fiはac対応
価格の割に性能が良い

・Huawei:MediaPad T2 7.0 Pro  LTEモデル

海外レビュー平均スコア:ー

2016年7月発売

価格:

21,000円(LTEモデル)

【ポイント】

あとに紹介するT2 8Proとほぼ同じ性能だが、同機よりカメラ性能が強化されメインカメラは1300万画素。一方でWi-Fiはb/g/nのみ。

・ベンチマークスコア

Antutu ver.6(総合性能) 35,000ほど

Geekbench4(CPU性能) シングル:620

マルチ:1930

Ice Storm Unlimited (3Dゲーム)
最大輝度 380(ふつう)
コントラスト比
色再現度(Colorchecker DeltaE2000)
Webブラウザ読み込み速度(Sunspider)

・スペック

OS Android 5.1
CPU MSM8939 1.5GHz+1.2GHz
RAM 2GB
画面 7.0 インチ、IPS
解像度 1900×1200
容量 16GB
カメラ 500万画素 /1300万画素
無線LAN IEEE802.11 b/g/n、Bluetooth 4.1
通信機能(SIMフリーモデル) 通信速度 下り(受信時)最大:150Mbps (LTE)

上り(送信時)最大:50Mbps(LTE)

FDD-LTE: B1/3/8/19/26/28

TDD-LTE: B41 UMTS: B1/6/8/19

サイズ 123×8.1×209.3 mm
重量 250g
バッテリー

4360mAh

スタンバイ:400時間
ビデオ再生:10時間

その他

ここが○ ここが×

ここが○ ここが×
LTE付きで2万円ほどの価格 Wi-Fiはb/g/nのみ
1300万画素カメラ Android 5.1

・Huawei:MediaPad T2 8.0 Pro Wi-Fi / LTEモデル

海外レビュー平均スコア:ー

2016年12月発売

価格:

16,500円(Wi-Fiモデル)/20,000円(LTEモデル)

【ポイント】

価格と性能のバランスの良さで人気の機種。Wi-Fiはa/b/g/n/acに対応。

・ベンチマークスコア

Antutu ver.6

(総合性能)

35,000ほど

Geekbench4

(CPU性能)

シングル:620

マルチ:1930

Ice Storm Unlimited (3Dゲーム)
最大輝度 380(ふつう)
コントラスト比
色再現度(Colorchecker DeltaE2000)
Webブラウザ読み込み速度(Sunspider)

・スペック

OS Android 6.0
CPU MSM8939 1.5GHz+1.2GHz
RAM 2GB
画面 8.0 インチ、IPS
解像度 1900×1200
容量 16GB
カメラ 200万画素 /800万画素
無線LAN IEEE802.11 a/b/g/n/ac、Bluetooth 4.1
通信機能(SIMフリー

モデル)

通信速度上り:最大50Mbps(LTE)

下り:最大150Mbps(LTE)

FDD-LTE:B1,B3,B5,B7,

B8,B19,B20,B26,B28

TDD-LTE:B38,B40,B41

W-CDMA:B1,B2,B5,

B6,B8,B19

GSM:B2,B3,B5,B8

サイズ 123×8.1×209.3 mm
重量 340g
バッテリー

4800mAh

スタンバイ:400時間
ビデオ再生:10時間

その他 micro SDカード、microUSB、microSIM x 1 (LTEモデル)

ここが○ ここが×

ここが○ ここが×
 低価格の割に性能が良い
Wi-Fiはacにも対応

LAVIE Tab E TE508/BAW PC-TE508BAW(Wi-Fi)

海外レビュー平均スコア:67

(海外モデル名は「Lenovo Tab 2 A8」)

lenovo_TE508BAW

2015年7月発売

・性能スコア

Antutu ver.5.7(総合スコア) 26,000
Geekbench3(CPU性能) シングル:610/マルチ:1600
GFX(3Dグラフィック)
3DMARK Ice Storm Unlimited(3Dゲーム) 4900(悪)
画面最大明るさ 370(良)
コントラスト比 1:1900
色再現性(Colorchecker DeltaE2000)
Web読込速度(Sunspider) 1654(並)

・スペック

OS Android 5.0
CPU MT8161 1.3GHz
RAM 1GB
画面 8インチ(本体画面比率74.6%)
解像度 1280×800 184ppi
ストレージ 16GB
カメラ 200万画素 (イン)/500万画素 (アウト)
無線LAN IEEE802.11n
サイズ 125×8.9×210 mm
重量 354g
バッテリー 4290mAh。Web使用12.5時間
その他 microSDカード32GBまで
実売価格 17,000円前後

ポイント:低価格にも関わらずディスプレイ性能やバッテリ性能が良く、人気。ただ性能は並以下で、ゲームをするのにはキツイ。

ここが〇 ここが×

ここが〇 ここが×
バッテリーの持ちが良い 性能は並以下。3Dゲームをするのは厳しい
ディスプレイの性能が良い。明るい。視野角も良い マルチタスク機能はおまけ程度
日本モデルはSIMフリーモデル無し
画面明るさ自動調節機能が無い

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク