ソニーモバイル幹部が語る次のXperia技術、「4K有機ELと折り曲げディスプレイ」について

スポンサーリンク

ソニーモバイル幹部が語る次のXperia技術、「4K有機ELと折り曲げディスプレイ」について

・4K有機ELと噂のXperia XZ Pro

先日韓国の経済マスコミ BUSINESS KOREA の報道において、ソニーモバイルが現在、画面が折り曲げできる「フレキシブルスマートフォン」を開発中であることがレポートされました。

・関連

経済誌「折り曲げ可能なXperiaが今後登場する。パネルはLG製有機ELディスプレイ」 ソニーモバイルが今後、折り...

またソニーモバイルのUXプロダクトプランニングのトップ、大沢氏はインタビューに答え、同社における折り曲げスマートフォンの状況を次のように話しています。

・折り曲げ可能なスマートフォンについて

本体の折り曲げが可能なフレキシブルスマートフォンは、現状、かなり量産体制から離れています。

もちろんこの種の技術に興味はあり、研究はしています。

しかし、次のステップは4K OLEDです。

話しぶりからするに、フレキシブルスマートフォンの商品化にはまだまだ道のりが長いようです。

一方とかく次のトレンドは「4K有機EL」であるようで、大沢氏は4K有機ELについて、以前、次のように話していました(再掲)。

・4K有機ELについて

私が言えることは、OLED(有機ELディスプレイ)に対し、われわれソニーは投資しているということです。

まもなく、モバイルデバイスにも4K‐OLEDパネルが搭載されるようになります。これまでは存在しませんでした。

次のステップは4K OLEDです。

またソニーの折り曲げ可能なデバイスに関しては、スマートフォンだけでなくスマートウォッチに関しても存在がうわさされています。

ソニー、本体折り曲げ可能な新型スマートウォッチ「Gear AY」を開発中か 中国のSNS「Weibo」上にて、また新たなソニー製品のリーク...
Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク