「登場以来の大転換。18年登場のiPhone 8、有機EL採用で折りたたみ型デザインに」と日経テクロノジーが報道

スポンサーリンク

「iPhone 8は有機EL採用で折りたたみ型」と日経テクロノジーが報道

技術情報を伝えるマスメディア「日経テクノロジー/日経エレクトロニクス」は最新記事で、アップルが2018年発売するiPhone 8(仮称)では、ディスプレイに有機ELが搭載され、折りたたみ可能なデザインになると伝えました。

一見奇抜な話ですが、実際、他社に目をやれば、サムスンはすでにコードネーム「Project Valley(プロジェクト バレー)」として折りたたみ型スマートフォンを開発中であり、今年にも発売する予定です。

project-valley-samsung-foldable

サムスンの”project valley”

・紹介動画その1

・その2

「iPhone登場以来の大転換」

折りたたみ型デザインのiPhoneが登場する背景として、日経テクノロジーは「革新性の消失とそれによる販売台数の低下」を挙げています。

確かに最近のiPhoneは、これはiPhoneのみならずスマートフォン全体にいえることですけど、見ていても驚くようなものはあんまり無いですよね。iPhone 6sは当初予測より販売台数が伸び悩んでいるそうですが、「そりゃそうだろ」という気がします。

日経テクノロジーはこの折りたたみ型デザインの採用を「iPhone登場以来の大転換」としています。

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ
スポンサーリンク