ちょっと意外な「最低賃金」レベルの5つの仕事

アメリカCNNが”驚くほど賃金の低い仕事”として5つの仕事を紹介しています。それぞれの職業に共通するキーワードとして、”夢の職業”というのが当てはまりそうです。

140226100933-minimum-wage-jobs-regional-pilot-340xa

パイロット(地方)

平均年収:22,400ドル(約230万円)
平均時給:10.75ドル(約1100円)

パイロットになるためには膨大な努力と訓練の時間とお金が必要です。志望者はパイロットになるために1500時間以上の訓練と10万ドル(約1000万円)近くの費用を要求されますが、たとえパイロットになれたとしても、賃金は週40時間の労働で年2万2400ドル(約230万円)です。これは時給換算では10ドル75セントです。

140226100944-minimum-wage-jobs-adjunct-professor-340xa

大学非常勤講師

平均年収:21,600ドル(約220万円)

大学非常勤講師は正規講師と異なり、受け持つ授業数に応じて給料が支払われるため、正規教授の年収が8万ドル以上であるのと異なり、2万ドル程度となります。

140226090019-minimum-wage-jobs-model-340xa

モデル

平均年収:20,611ドル(約267万円)
平均時給:12.55ドル(約1290円)

モデルというときらびやかな衣装を着てスポットと人々の視線に囲まれる華やかな世界、私生活に関してもついつい派手なものを想像してしまいますが、US統計によれば1日18時間に及ぶ労働時間にも関わらず彼/彼女たちの平均年収は2万611ドル(約267万円)です。

140226090028-minimum-wage-jobs-home-health-aid-340xa

在宅医療助手

平均年収:21,830ドル(約223万円)
平均時給:10.49ドル(約1074円)

国家予算に占める医療費の割合の逼迫により、最近では在宅医療が注目されています。病院での看護師と同じく、患者の生命維持のために高度な看護行為を行う職業が在宅医療助手ですが、その職業の持つ重大な責任にも関わらず平均時給は10.49ドル、年収にして2万1830ドル(約223万円)となっています。

140226085953-minimum-wage-jobs-veterinary-tech-340xa

動物看護師

平均年収:31,470ドル(約322万円)
平均時給:15.13ドル(約1550円)

動物看護師になるためにはアメリカの場合、2~4年専門教育を受け資格を取得する必要があり、資格習得後は獣医師に準じた獣医療提供者として、レントゲン撮影、カテーテル挿管や麻酔といった高度な医療技術を行うことができます。しかし高度な技術を保有していながらもアメリカ統計局によれば平均時給は15.13ドル。これは年収にして31,470ドル(約322万円)ほどです。

via:CNN

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)