ソニー、本体折り曲げ可能な新型スマートウォッチ「Gear AX」を開発中か

スポンサーリンク

ソニー、本体の折り曲げ可能な新型スマートウォッチ「Gear AX」を開発中か

中国のSNS「Weibo」上にて、また新たなソニー製品のリーク情報が明らかになっています。

XPeria_gear_AR

今回明らかになったのは新型スマートウォッチ「Gear AY」。ソニーが最近立ち上げたプロジェクト「Future Lab Program(フューチャー ラボ プログラム)」発であるこの製品の特徴は、有機ELディスプレイを搭載して”本体の折り曲げが可能”なこと。これは中々未来を感じさせる製品ですね。

・「Gear AY」のスペック

画面 3.7インチ折り曲げ可能、有機ELディスプレイ、700ニット。指紋認証機能搭載
解像度 1920×720、8:3
CPU 省電力チップセット
メモリ 3GB
記憶容量 64GB
バッテリー 3960mAh、取り外し可能、ワイヤレス充電

折り曲げ可能なデバイスは、次世代のトレンド?

有機ELディスプレイの搭載による折り曲げ可能なデバイスに関しては、折しもソニーだけでなく、数多のメーカーからそのリリースが噂されています。

project-valley-samsung-foldable

画像はサムスン”Project Velly”

例えばサムスンは他社に先がけてコードネーム「Project Valley(プロジェクト バレー)」なる折りたたみ型スマートフォンを2016年内に投入する予定です。

そしてアップルについても、リーク情報では2017年発売の「iPhone 8」は有機ELディスプレイを搭載し、8は折り曲げ可能な本体になると言われています。

[Weibo]

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ
スポンサーリンク