Android6.0アップデート後のXperia Z5シリーズに通話不具合。テストモードなど対処法5種類

スポンサーリンク

Android6.0アップデート後のXperia Z5に通話不具合。テストモードなど対処法4種類

android6.0

Android 6.0アップデート後のXperia Z5シリーズにおいて、ソニーモバイル公式サポートフォーラムなどでは、通話不具合が報告されています。

報告されている不具合としては、

①:発信するも電話がすぐ切れる

②:電話アプリが動かない

③:こちら側の声が相手に聞こえない

など。以下に対処法を記していきます。

・対処法その1:ほかの通話アプリとの干渉

純正通話アプリと後からダウンロードした通話系アプリが干渉しているのかもしれません。この場合、ほかの通話アプリをアンインストールさせればOKです。

・対処法その2:マイクの故障

マイクが故障しているせいかもしれません。この場合、通話からのコマンド入力でXperiaをテストモードにし、マイクのテストが行うことが出来ます。

【テストモードへのコマンド】

通話ダイヤルで「*#*#7378423#*#*」と入力

すると黒い画面になるので、Service Test (サービステスト)」⇒「Microphone (マイクロフォン)」「Secondary Microphone (第2マイクロフォン)」でマイク入力とその確認が行えます。

[wc_row][wc_column size=”one-half” position=”first”]

2016-06-01 10.12.50

[/wc_column][wc_column size=”one-half” position=”last”]

2016-06-01 10.12.15

[/wc_column][/wc_row]

2016-06-01 10.12.28

・対処法その3:マイク感度の変更

[設定]⇒[音と通知]⇒[アクセサリー設定]⇒[マイク感度]で、感度の調整

これでマイクの感度調整が行えます。公式フォーラムのユーザーの意見では「[高]か[中]にしてみるとよい」とのこと。

・対処法その4:SIMカード不具合

スマホの電源を切ってSIMカードを再度入れ直す。その後スマホを再起動。

なお、調べていて分かったのですが、海外版Xperiaでは日本版と異なり、[設定]からカンタンにテストモードにたどり着けるそうです。

・対処法その5:スピーカーに付着した水滴やごみの除去

スピーカーに水分やごみが付いている場合、この不具合が起こる可能性があるので、グリル部分にそれらが付いてないかを確認。付いていた場合はそれらを除去

【Xperiaのスピーカーの位置】

(画像はXperia Z5ですが、他のXperiaもほぼ同じ場所にスピーカーがあります)

Xperia_Z5_speaker

[sony support forum, 2]

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク