Xperia XとGalaxy S7でフルHD動画撮影の発熱テストをしたところ、先にXperiaXが9分でダウン。Z5は4K撮影16分ほど

スポンサーリンク

Xperia XとGalaxy S7でフルHD動画撮影・発熱テストをしたところ、Xperia Xが9分で先にダウン

https://www.youtube.com/watch?v=QNweHTAVUg4

ソニーモバイルの「Xperia X」とサムスン「Galaxy S7」の動画撮影による発熱テストの様子がYouTube上で公開されています。

撮影条件は、4K撮影が出来ない仕様のXperia Xに合わせ「フルHD/60FPS」

さてテストを開始したところ、「Xperia X」は3分40秒ほどで「発熱によりいくつかの機能が使えなくなっています」との注意文が表示、そのまま撮影を続けたところ9分ほどでカメラアプリそのものが落ちました

一方のGalaxy S7はXperia Xが熱で落ちた後も何事もなく快適に撮影できています。

Xperia Xのカメラアプリがダウンした際の本体背面の表面温度は41度、一方のGalaxy S7は39度ほどでした。

なお先代モデルXperia Z5は、4K撮影でのテストにおいて16分ほどの撮影が出来ていました

・Xperia Z5での4K撮影発熱テスト

「本体が熱くなっています」と表示 実際に撮影できた時間
1回 8分 17分5秒
2回 同6分50秒 16分50秒
3回 同5分35秒 12分40秒
4回 同9分30秒 19分45秒
5回 同6分30秒 13分59秒
平均 7分17秒 16分3秒

Xperia Xですらこの様子だと、日本で発売されるXperia X Performanceの発熱具合が非常に気になりますが、XperiaXPと同じく、チップセットにSnapdragon820を採用するHTC10では、すでに発熱が取りざたされています。

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ
スポンサーリンク