Xperia X PerformanceからXperia Z5/Z4/Z3/Z2/Z1まで全14機種バッテリー比較。実使用時間、待受、充電時間

スポンサーリンク

Xperia X Performance SOV33からXperia Z5/Z4/Z3/Z2など全14機種Xperiaのバッテリー比較

X_PErformance11

最新2016年夏モデルのXperia X Performance SOV33からXperia Z SO-02Eまで、一挙14機種の実使用時間、LTE待ち受け時間を充電時間を比較しました。

・Xperia14機種の実使用時間、LTE待ち受け時間、充電時間

デバイス ドコモ/auによる実使用時間 LTE待受時間 充電時間
Xperia Z5 Compact SO-02H 85.6時間 400時間 130分
Xperia Z1 f SO-02F 83.6時間 450時間 160分
Xperia Z3 SO-01G 81.0時間 640時間 155分
XperiaXPerformance SOV33 80時間 570時間 150分
Xperia Z2 SO-03F 79.2時間 570時間 160分
Xperia Z3 Compact SO-02G 78.3時間 650時間 155分
Xperia A4 SO-04G 78.0時間 620時間 155分
Xperia Z5 SO-01H 77.4時間 410時間 140分
Xperia Z5 Premium SO-03H 77.0時間 490時間 140分
Xperia A2 SO-04F 70.3時間 450時間 160分
Xperia Z4 SO-03G 67.8時間 470時間 150分
Xperia Z1 SO-01F 57.7時間 610時間 180分
Xperia Z Ultra Wi-Fiモデル 52時間※1 750時間 192分
Xperia Z SO-02E 48時間※2 420時間 160分

※1,2:テックサイトGSMARENAによる計測

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. 匿名 より:

    Xperia X Performance Dual F8132のベンチマークが

    Youtubeに上がっていますがどうなんでしょう

    スコアは137554ですが、信用していいのか

    https://www.youtube.com/watch?v=z7FuvFw3GJ0

  2. 小澤 司 より:

    >名無しさん

    コメントありがとうございます

    以前調べたんですが、Snapdragon系のチップセットは使用状況によって結構スコアにばらつきが出やすく、ベンチマークスコアにおいて10%から20%程度のスコアのブレは普通にあります。

    「統計分析でよくわかる!Xperia・iPhone他で、最も発熱に強く、安定した性能を発揮できるスマートフォンはコレだ!」
    http://socius101.com/post-5537/

    ですから、13.7万スコアというのも普通にあり得るスコアですし、動画のスコアは信頼できるものだと思われます。

    小賢しいことを言いますと、そもそも統計学的な観点から言えば、1回だけのAntutuスコアでその機種の優劣を決めるのも適切な態度とは言えません。本当に各機種でベンチマークを用いて比較したいならば、最低30回、できれば50回ほどは計測する必要があります。これは大数の法則と言って、計測回数を多くすればその平均計測値は理想値に近づきます。

    またその際、計測ではバッテリー状態、本体温度、ほか思いつく限りの諸々の条件をきっちりと揃えた状態で計測しなくてはいけません。

    が、これらのこと(計測回数、計測条件)をきっちり守って計測し公開する人間は、まあいないでしょう。

    ですから、巷に溢れるベンチマークスコアの類に関しては、あくまでも大まかな傾向を掴んだうえで、スコア値の上下に一喜一憂することはしないのが、適切な態度といえるのでしょう。