飼い犬、ご主人様の赤ちゃんを火事から救う

飼い犬、ご主人様の赤ちゃんを火事から救う

飼っている犬が、火事の現場で赤ちゃんを守ってくれたというニュース。

アメリカ・メリーランド州バルティモアに住む女性、エリカ・ポレムスキーさんには生後8ヶ月になる娘、ヴィヴィアナちゃんと、「ポロ」という名の飼い犬がいました。

kaiinu_dog (2)

問題の火事が起こる直前、エリカさんはほんの少しだけヴィヴィアナちゃんから目を離し、家の近くに停めてある自分の車に向かっていました。

家が燃えていることに気づいて急いで家に戻り、ヴィヴィアナちゃんがいる2階の部屋に駆けつけましたが、ドアが開かず、中から吼えるような声が聞こえてきます。

kaiinu_dog

「最初はヴィヴィアナが泣いてる声だと思ったの。あぁ大変!ヴィヴィアナが死んでしまう!と焦ってドアを開けようとするんだけど、ビクともしなかった。近所の人たちもみんな来てくれて、ドアをガンガン蹴飛ばすんだけどドアは開かない。もう気が気じゃなかったわ」

当日の様子をそう語るエリカさん。

絶望的な彼女を救ってくれたのは、なんと愛犬のポロでした。

通報を受けた消防車がすぐに到着し、悪夢のような状況の中、消防士が部屋のドアを破壊して突入すると、奇跡的にまだ息のあるヴィヴィアナちゃんが横たわっています。

その上にかぶさるようにして乗っかっているポロ。

火がヴィヴィアナちゃんに燃え移らないように、自らの身体を犠牲にして守っていたんです。

「ポロがかぶさっていてくれたおかげで、ヴィヴィアナは死なずに済んだの。ポロは自分が火事から逃げるために部屋を出るなんてことを考えもせずに、消防隊が突入するまでジッと耐えていてくれたわ。本当に感謝してもしきれない、自慢の犬よ」

kaiinu_dog (3)

残念なことに、ポロはそのまま亡くなってしまいました。

すぐに病院に運ばれたヴィヴィアナちゃんも危険な状態でしたが、勇敢な飼い犬のおかげで現在も生きています。

人間と動物の強いつながりを示すと同時に、とてもかなしい事件でした。

kaiinu_dog (4)

[thedodo.com]

Twiiterフォロー
関連ページ