地獄から救出されたブタと新しい家族

スポンサーリンク

地獄から救出されたブタと新しい家族

pig1

アメリカのオハイオ州で、一匹のブタが、傷だらけの状態で発見されました。

そのブタは発見されたとき、人間に対してすっかり怯えきっており、明らかに虐待によるものと見られるアザや切り傷が身体中に残っていました。

保護しようとしたボランティアの人間からも逃げ去り、何時間にも及ぶ懸命な捜索の末に発見され、すぐに動物病院に運び込まれました。

pig7

コアと名づけられたこの可哀想なブタは、片耳を切断しなければならないほどのひどい状態でした。

pig2

耳の切除手術が無事成功した後、一旦施設に預けられたのですが、その話を聞いた地元のある一般家庭が引き取ってくれることに決まりました。

心無い人間による暴力で死の寸前まで追い込まれていたコア。

今度はどんな目にあうんだろう。

身体中が痛い。

人間が怖くて仕方ない。

きっとそんな風に思っていたに違いありません。

しかし、今度出会った人間たち、新しい家族は、とても温かくコアを迎えてくれました。

新しい家族には、両親のほかに二人の子供たちがいました。

引き取ってくれた両親はもちろんのこと、特に子供たちとは出会ってすぐに仲良しになり、コアはソフィーとマイルズというその姉弟のお尻を追いかけて、庭を走り回るのが大好きになりました。

pig3
pig4

まるで本当の3人兄弟のように駆け回る、コアと子供たち。

寝るときだって一緒です。

pig5

あまりにも辛い過去の傷。

身体の傷も、心に負った傷も決して無くなることはありません。

あわれなブタは、それでも明るく生きることを諦めませんでした。

pig6

これは氷山の一角で、見えないところでこのような悲劇はたくさん起きています。

ブタに限らず、動物虐待がこの世からなくなることを、願わずにはいられません。
[thedodo.com]

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ
スポンサーリンク