生後9ヶ月で妊娠していた猫、クロエの出産が

スポンサーリンク

生後9ヶ月で妊娠していた猫、クロエ

アメリカ、メリーランド州の動物管理局に保護された野良猫、クロエは局員からとても愛される猫でした。

cat1

とても穏やかで個性的な猫、クロエ。

彼女はなんと生後9ヶ月で妊娠していました。

妊娠によってあまり体調が良くなく、出産の専門家ではない管理局で出産するのはリスクがあるため、クロエには子供を無事に産んで育てられる環境が必要でした。

さらに病気の有無を調べるため、まずは白血病や免疫不全ウィルスの簡単な検査をしたところ、わずかに白血病の疑いがあることがわかりました。

本当に白血病なのか大至急確認が必要で、もし白血病なら治療しなければなりません。だけどどこの施設もたくさんの猫を抱えており、他の猫に白血病が感染することを恐れクロエを引き取ろうとしてくれません。

cat2

動物管理局の懸命な努力により、それでも地元の動物病院が受け入れてくれることになりました。

また病院で精密検査をしたところ、白血病の心配はなく、健康体であることが判明。

他の猫に病気が感染する恐れがなくなったので、晴れて専門施設に預けることができるようになり、母子共に問題なく出産は成功しました。

cat3

cat4

クロエは可愛い子猫を5匹も産んだのです。

そしてそのまま施設で養育してくれることになり、子供たちと一緒にクロエは引き取られていきました。可愛く人懐っこいクロエは動物管理局の局員にも愛され、引き取ってくれた施設の職員にもとても良くしてもらっています。

野良猫として最初に保護されなければ路上で産むことになり、無事に産むことが出来たか、産まれることが出来たかわかりません。

運がよかったと言えるクロエと子供たち。現在は育ててくれる一般家庭を探しています。

cat5


[thedodo.com]

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ
スポンサーリンク