【名著選】海外誌ブック・オブ・ザ・イヤーに選ばれた教養系翻訳本13冊【The Economist/Financial Times】

スポンサーリンク

ブック・オブ・ザ・イヤーに選ばれ、かつ邦訳が出ている本の紹介

【このページの目的】

イギリスの一般市民向け教養雑誌、The EconomistやFinancial Timesが毎年選出している「ブック・オブ・ザー・イヤー」の中から、日本語翻訳本が出されている本を紹介。

・The Economistとは、

イギリスが誇る一般市民向け社会科学雑誌。思い込みや精神論が多い観念論に頼らない、データジャーナリズムに基づいた論拠ある記事づくりが特徴。

2000px-theeconomistlogo-svg

・Financial Timesとは、

同じくイギリスが世界に誇る一般市民向け雑誌。昨年日本経済新聞に買収され話題になった。Economist同様、まともな社会科学に基づいた賢い記事づくりが特徴。

ft-logo

【地域】

・中国グローバル化の深層 「未完の大国」が世界を変える

デイビッド・シャンボー(著)

イアン・カーショー(著)

内容:

【働く】

・LEAN IN(リーン・イン) 女性、仕事、リーダーへの意欲

シェリル・サンドバーグ(著)

リー・ ビリングズ(著)

内容:

【経済と社会科学】

・フラット化する世界

・日本の競争戦略

マイケル・ポーターほか(著)

内容:

ロバート・スキデルスキー(著)

・ヤバい経済学

・Every Love Story Is a Ghost Story: A Life of David Foster Wallace

by D. T. Max

・The New New Deal: The Hidden Story of Change in the Obama Era

by Michael Grunwald Simon & Schuster

参考文献

・The Economist ”books of the year 2012” http://www.economist.com/news/books-and-arts/21567575-best-books-2012-were-about-richard-burton-titian-rin-tin-tin-revolution

・The Economist ”books of the year 2002” http://www.economist.com/node/1491531

・The Economist ”books of the year 2001” http://www.economist.com/node/457483

・Wikipedia ”Financial Times and McKinsey Business Book of the Year Award” https://en.wikipedia.org/wiki/Financial_Times_and_McKinsey_Business_Book_of_the_Year_Award

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク