Nintendo SwitchにはNVIDIA製カスタムTegraが採用へ。ゲーミングAPI「NVN」も両社共同開発

スポンサーリンク

Nintendo SwitchにはNVIDIAカスタムTegraが採用。ゲーミングAPI「NVN」も両社共同開発

nintendo_switch_13

ついに発表された任天堂の新型ゲーム機「Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)」ですが、これまでの噂通り、プロセッサにはNvidia社のカスタマイズされたTegraが採用されるそうです。

Nvidiaが公式ブログにおいて明らかにしています。

「Nintendo Switch」にはカスタマイズされたTegraプロセッサーが搭載されています。この高効率かつスケーラブルなプロセッサーには、世界最高峰のパフォーマンスを発揮するGeForceゲーミング・グラフィックカードと同じアーキテクチャーのNVIDIA GPUが含まれています。

出典:https://blogs.nvidia.co.jp

また任天堂とNVIDIAは共同で、新ゲーミングAPI「NVN」を開発したとのこと。

NVIDIAはこれらに加え、ハードウェアの性能を最大限に引き出せる新しいゲーミングAPIを任天堂と共に開発しました。最新のAPIであるNVNはマス向けのライトウェイトで高速なゲーム体験を実現するために作られました。

出典:https://blogs.nvidia.co.jp

またNVIDIAによれば、

「任天堂とNVIDIAはハードウェアとソフトウェアの全般にわたりゲーミングとモバイルユースケースのために最適化しました。」

「オペレーティングシステムはパフォーマンスと効率をさらに引き上げるためにGPUを有効利用するようにカスタマイズされています。」とのことで、これは期待したいところですね。

[blogs.nvidia.co.jp]

スポンサーリンク

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)