日経新聞報道、2017年登場のiPhone 8は4.7インチ・5インチ・5.5インチの3モデル。両面ガラスパネル

スポンサーリンク

日経新聞報道、17年に登場するiPhone 8は4.7インチ・5インチ・5.5インチの3モデル。背面もガラスパネル

iphone_7_black_20

これはiPhone 7 Plus

日本経済新聞のアジア向け英字版、「Nikkei Asian Review」が2017年に発売が予定されているAppleの新型スマートフォン「iPhone 8」について報道しています。

・iPhone 8は4.7インチ、5インチ、5.5インチの3モデル構成

・3モデルすべて、前面・背面部分ともに中国・伯恩光学(Biel Crystal)、藍思科技(Lens Technology)製のガラスパネルになる

・そしてガラスパネルに、台湾・フォックスコン、キャッチャーテクノロジー、そしてアメリカのJabilが提供するメタルフレームが加わる

・5.5インチのiPhone 8はサムスン、シャープ、LGなどのメーカー製による有機EL(OLED)製パネルを搭載

・4.7インチ、5インチのiPhone 8はiPhone 7までと同じ低温ポリシリコンTFT液晶を搭載

・5.5インチモデルはiPhone 7 Plusのデュアルカメラレンズのように、最先端の技術を搭載することになる

・もしかすると5インチモデルはiPhoneではなく別のデバイスなのかもしれない、あるいはただの間違った情報なのかもしれないと、情報元

文中、聞きなれないサプライヤーの名前が出てきますが、すでに伯恩光学(Biel Crystal)はiPhoneのホームボタン部分のサファイアガラス、一方の藍思科技(Lens Technology)はiPhoneのタッチパネルを供給しています。

様々なリーク情報によれば、iPhone 8はこれまでのiPhoneから大幅な変貌を遂げる(大幅な変化でであるためiPhone ”7s”ではなくiPhone ”8”)と言われており、どのようなものが出てくるか期待したいところです。

[phonearenaNikkei Asian Review]

スポンサーリンク

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)