iPhone 7 Plusにおいて、「メモリやストレージの処理速度が著しく遅い」不具合が報告

スポンサーリンク

iPhone 7 Plusにおいて、「メモリやストレージの処理速度が遅い」不具合が報告

iphone_7_2

iPhone 7 PlusとiPhone 7

9月の発売以来、今年も最新モデルの「 iPhone 7 」シリーズが人気ですが、iPhone 7 Plusにおいて、「メモリやストレージの処理速度が著しく遅い」問題がささやかれています。

iphone_7_plus

コチラはテックサイト「GSMARENA」調べによる、iPhone 6s Plus、iPhone 7(128GB)、iPhone 7 Plus(32GB)のメモリ、ストレージ性能など5種類。

それぞれの項目はメモリ性能だったり、ストレージへの書き込み・読み込みなどなどいろいろありますが、いずれも、iPhone 7 Plusでは極端に劣っていることが分かります。

ストレージへの書き込み性能は特に遅く、例えばiPhone 7では308メガバイト/秒であるものが、iPhone 7 Plusでは39.6メガバイト/秒と、およそ7分の1の速度になってしまっています。5分間ある4K動画をコピーするのにも、iPhone 7では17秒だったものが、iPhone 7 Plusでは52秒かかっていました

・iPhone 6s/iPhone 7/iPhone 7 Plus、メモリ・ストレージ・読み込み書き込みそれぞれの時間

6s 7 7 Plus
Basemark OSⅡ メモリ メモリ性能 1422 1721 839
PassMark Disk Mark ストレージ性能 54557 69616 43668
PassMark Storage Write ストレージ書き込み 200.6メガバイト/秒 308メガバイト/秒 39.6メガバイト/秒
PassMark Storage Write ストレージ読み込み 628メガバイト/秒 926メガバイト/秒 691メガバイト/秒
5min 4K

VideoCopy

5分の4K動画、コピー時間 60秒 17秒 52秒

[GSMArena]

スポンサーリンク

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)