狭ブチで話題の「Xiomi Mi Mix」、イメージ図と実際は異なり画面占有率91.3%ではない

スポンサーリンク

シャープ製ディスプレイ採用の「Xiomi Mi Mix」、イメージ図と実際は異なり、画面占有率91.3%ではない

シャープ製ディスプレイを採用し、その画面占有率91.3%が話題になったXiaomi Mi Maxですが、実際はプレスリリースほどは画面のフチが狭いものではないことが明らかになっています。

Xiaomi Mi Mix は中国限定発売。520ドル(およそ5万2000円)で11月4日に発売されるものと予想されています。

イメージ図と実際の様子を比較したものが下のモノ。とはいえ、イメージと実物は微妙に違うものの、さすがにシャープの技術のタマモノなだけあって、狭フチであることには変わらないようです。

左:イメージ図。右:実際の様子

xiaomi_mi_2

左:イメージ図。右:実際の様子、その2

xiaomi_mi_1

イメージ図

xiaomi_mi_3

実際

xiaomi_mi_4

イメージ

xiaomi_mi_6

実際

xiaomi_mi_7

[phonearena.com]

スポンサーリンク

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)