ATARIからFC、PSPまで22機種のゲームがプレイ可な「RetroEngine Sigma」のクラウドファウンディングが開始。すでに目標額の8倍超が集まる

スポンサーリンク

22機種のゲームがプレイできる「RetroEngine Sigma」のクラウドファウンディングがスタート。早くも大人気

retoroengine-4

前回紹介した、Amstrad CPCやATARI 2600、ファミコン、最新機種ではPSPまで古今東西22機種のゲームが遊べる「RetroEngine Sigma(レトロエンジンシグマ;中身はおそらくエミュレータ専用Raspberry PiのRetroPie) 」ですが、クラウドファウンディングサイトの「INDIGOGO」にて出資がスタートされました。

かなりの注目を集めていたようで、目標額2万ドルの実に8倍以上となる16万6784ドルが早々に集まっています。

(集まった金額は12月8日7時時点)

投資コースは1ドルから690ドルまで計9種が設定されていますが、人気のため、最安で実物が手に入る49ドルコースなど3つのコースはすでに締め切られました。

・セット内容と出資コースでの中身の違い。SDカードに15タイトルプレインストール、付属物で値段に差     

retroengine-sigma

例えば69ドル32GBコースの場合、RetroEngine Sigma 本体に加え、15タイトルがインストールされた32GB microSDカード、アナログスティック装備のUSBコントローラ、スーファミやメガドライブのコントローラを模したレトロタイプのコントローラ、など計9点がセット内容となっています。

そのほか59ドルコースや89ドルコースなどが存在しますが、値段の違いはレトロコントローラやSDカードリーダーの有無、microSDカードの容量の違いなどによるもののようです。

【例:69ドルコースでの同梱物】

・RetroEngine Sigma 本体 & ACアダプタ

・デュアルスティックアナログコントローラ

・スーファミやメガドラなどレトロデザインなコントローラ

・15タイトルがプレインストールされた32GB MicroSDカード

(具体的なタイトル名は今後アナウンス)

・Bluetooth拡張ドングル

・USB MicroSDカードリーダー

・HDMIケーブル

・クリスマスギフトバウチャー

・殿堂入り顕彰

・仕様紹介

・手のひらに乗る小型サイズ。コントローラはUSBポートに標準で2つ接続可能

retro_engine_sigma retro_engine_sigma_2

retoroengine-4

・各種USBコントローラに対応

retoroengine-2

・microUSBポートを接続すれば、さらに多くのコントローラ接続が可能

retoroengine-3

・ドングル拡張によりBluetoothコントローラにも対応

retoroengine

retoroengine-2

・紹介映像

対応機種

retoroengine

・Amstrad:Amstrad CPC

・Atari:2600 / VCR

・Atari:7800

・Atari:ST

・Atari:Lynx

・セガ:SG-1000

・セガ:Dreamcast

・セガ:Genesis / メガドライブ

・セガ:スーパー32X

・セガ:ゲームギア

・セガ:メガCD

・任天堂:ゲームボーイ

・任天堂:NINTENDO 64

・任天堂:ゲームボーイアドバンス

・任天堂:ゲームボーイカラー

・任天堂:スーパーファミコン

・任天堂:ファミリーコンピュータ

・MAME

・SNK:ネオジオポケットカラ―

・SNK:ネオジオ

・NEC:PCエンジン

・ソニー:PlayStation

・ソニー:PSP

・GCE:Vectrex/光速船

・(中身はRaspberry Piなので)キーボードとマウスを接続すればちょっとしたPCに。4Kメディアも再生可能

retoroengine-5

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ
スポンサーリンク