新型MacBook Pro 2016年モデル、不具合の原因不明のため、現在修理受付ができない

スポンサーリンク

新型MacBook Pro 2016年モデル、不具合の原因不明のため、現在修理受付ができない

価格.com掲示板で、ユーザーからMacBook Pro(2016)の修理受付に関し、興味深い話がレポートされています。

レポートするユーザー氏によれば、所有するMacBook Pro(2016)がGPU不調により画像表示がおかしくなる不具合が生じたため、アップルに修理の問い合わせをしたところ、

・不具合の原因が特定できておらず、修理受付を断られた

・それどころか、このMacBook Pro 2016年モデルはGPUと関係ない不具合も含め、全ての修理受付をストップしている

とのこと。

アップルストアでの購入ならできる返品も量販店購入のため行えず、このユーザー氏は途方に暮れているそうです。

・画像の乱れが生じているMacBook Pro(2016)のようす

出典:価格コム

新型MacBook Pro (2016) については、海外ユーザーからパーティションマップによる再起動ができない不具合や、トラックパッドのクリックが認識しないといった話も出ています。

よく「Macの代替わり新型バージョンはやめておいたほうがいい」みたいな話が都市伝説的にありますが、今回もそのケースなのかもしれません。

参考文献:

価格.com ”1/7現在 MacBook Pro 2016年モデルは修理受付不可

reddituploads.com ”Mac Pro won’t reboot and disk utility is telling me that there are problems with the partition map which might prevent booting.

/r/macbookpro/ ”Issue with new MacBook Pro 15” 2016 trackpad

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ
スポンサーリンク