【ゲームレビュー】『ナイツクロニクル』。78点

スポンサーリンク

ゲームレビュー『ナイツクロニクル』

ゲームレビューコーナー、今回はタテヨコ持ち両方可能なRPG『ナイツクロニクル』です。

■ゲーム内容の紹介

本作「ナイツクロニクル」は、「タテヨコRPG」という一風変わったジャンルを打ち出している作品。その名通り、スマホを縦にしても横にしても遊べるシステムを搭載しています。

片手間で遊びたい時は縱持ちで、一方じっくり腰を据えて遊びたい時は横持ちと、スタイルに合わせてプレイできるのは面白い試み。

ストーリーは王道ファンタジー、戦闘はターン制コマンドバトルと非常にオーソドックスな作品で非常にプレイしやすいものに仕上がっています。

加えてオーソドックスなファンタジーRPGに、新しい要素とやりこみ要素が詰め込まれており、ムービーまで挿入される必殺技、育てたキャラクターでパーティを組んで戦う対戦、5人まで参加できるオンライン協力プレイなど、最近の人気の要素がしっかりと追加されています。

必殺技のムービーはキャラクター毎に違うのも面白く、迫力ある全ての必殺技を見てみたくなるので収集欲が高まってしまうほど。

キャラクターも受けの良さそうなアニメ調の3Dモデルとなっており、最後まで育ててやろうという気にさせてくれます。

本作「ナイツクロニクル」は、コマンドを選んで攻撃や回復といった昔ながらのRPG要素に様々な要素が加わったことで、逆に新しい体験ができる作品となっています。

■良かった点

・縱横どちらでも遊べる

やはりこの作品の魅力の1つは、タテヨコRPGと呼ばれるゆえんでもあるシステム。戦闘の途中でも切り替えられるので、迫力あるボス戦やよく動く必殺技は横で見たいな、と思ったらすぐに切り替えることができます。

切り替えが非常にスムーズで、無駄にタテヨコを切り替えてしまうほどです。

・昔ながらのRPGだからこその遊びやすさ

昔からあるコマンド式バトルは多くの人が慣れ親しんでいます。難しい操作を必要としないので誰でも遊ぶことができます。

オンラインの戦闘も順番に回ってくるコマンド式なので、焦る必要が無いのも良いところです。

■悪かった点

・全ての機能が開放されるまで、ある程度進めなければいけない

アリーナなどの一部要素は、ある程度ゲームを進めなければ開放されません。序盤からキャラクターを育成し、パーティ強化に勤しむのも良いのですが進めなければ対戦は楽しめません。

遊んでいればすぐなのですが、進めなければいけないのに煩わしさを感じる人はいるかもしれません。

・ゲームの楽しさを実感できるまでに、時間がかかるかも

王道ファンタジーRPGは多く、他の作品と違いを実感するまでに時間がかかるかもしれません。その一方で、オンライン要素やアリーナでの対戦、キャラクターの育成などなど、ハマる要素は多くあります。

しかしチュートリアルだけ遊ぶと、他タイトルとの違いがわかりにくいのも事実です。

■レビュー点数:78点

王道ファンタジーRPGに新しい要素を追加した本作。

ていねいに作られている良作品です。

◆ゲームダウンロード

iPhone版⇓


Android版⇓

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク