一橋大学、6月の学園祭で百田尚樹氏・渡部陽一氏による講演会を開催

スポンサーリンク

一橋大学、6月の学園祭で百田尚樹氏・渡部陽一氏による講演会を開催

https://www.youtube.com/watch?v=AX9YxFiJhhk

文系高偏差値国立大学として知られる名門・一橋大学は、新入生が主体となって行う6月の学園祭「KODAIRA(小平)祭」において、作家の百田尚樹氏と渡部陽一氏を招いて講演会をするんだそうです。

・KODAIRA祭とは

例年6月に一橋大学国立(くにたち)キャンパスで開催される学園祭で、新入生が主体となって参加しています。クラス単位での模擬店の出店・ステージ企画への参加、もしくは祭を創り上げる実行委員としての参加などを通じて、新入生たちがお互いの絆を深める絶好の機会となっています。学内では新歓期の締めくくりとしても認識されています。さらに、有名人を招いた講演会や黄本で有名な受験生応援企画、お子様も楽しんでいただける企画などがあり、毎年多くの方にご来場いただいています。

(ホームページより引用)

講演内容は以下の通りとなっています。

百田尚樹氏 講演会

テーマ:「現代社会におけるマスコミのあり方」

講演日:6月10日(土)

時間:14:30~15:40(開場は13:50)

場所:一橋大学西キャンパス 兼松講堂

実行委員会の方のブログ曰く「ご自身の経験に基づきながら、現代の報道のありかたについて話してくださいます」とのこと。

渡部陽一氏 講演会

テーマ:『レンズが写す世界の姿』

日時:2017年6月11日(KODAIRA祭2日目)

時間:13:30〜15:00 (開場 13:00)

場所:一橋大学西キャンパス 兼松講堂

参考:

https://kodairafes-21st.jimdo.com/2017/02/06/%E8%AC%9B%E6%BC%94%E4%BC%9A-%E3%81%8A%E7%AC%91%E3%81%84%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%96%E3%81%AE%E3%81%8A%E7%9F%A5%E3%82%89%E3%81%9B/

KODAIRA祭は毎年新入生を主体として運営される、一橋大学国立キャンパスで行われる春の学園祭です。今年は6月10日・11日に開催されます。
Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク