フランスはEU先進国でトップクラスに失業率が高い。仏大統領選の背景が分かる経済データ5種類

スポンサーリンク

フランスはEU先進国でトップクラスに失業率が高い。仏大統領選の背景が分かる経済データ5種類

2002年大統領選での「ルペンショック」も懐かしく、極右候補と急進左派候補が台頭した今回2017年のフランス大統領選ですが、そのような候補者が人気を集める背景として、何があるのか。

フランスの経済指標を見てみることにしました。

①:失業率はEU先進国でも、とりわけ高く

(黄色線がフランス。単位はパーセント%)

データ元:Eurostat

・2016年12月の失業率(季節変動調整済みのデータ)

フランス:9.6%

EU全体:8.2%

イギリス:4.8%

アメリカ:4.6%(2016年6月)

ドイツ:3.9%

日本:2.8%(2017年2月)

参照元:EurostatU.S. Bureau of Labor Statistics総務省統計局ホームページ

②:あらゆる階層がEU先進国内でトップレベルに失業率が高いフランス

6つのグラフは、左上から「中学校卒(義務教育)未満」「移民」「25歳以下」「大学及び職業専門学校卒」「フランス国民」「55歳から64歳」。それぞれの改装で失業率が高い。

グラフ引用元:Financial Times (Thomson Reuters)

③:GDP成長率もアメリカ、イギリスドイツに及ばず…

(赤太線がフランス。2007年を100とする)

グラフ引用元:Financial Times (Thomson Reuters)

④:公的支出率が高く、税金が高い

GDPに占める公的支出の比率

グラフ引用元:Financial Times (OECD;IMF)

・法人税

グラフ引用元:Financial Times (Thomson Reuters)

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ
スポンサーリンク