マイクロソフトから”普通のノートPC”、13.5型「Surface Laptop」が発表。2256×1504高解像度、最大14.5時間駆動バッテリー

スポンサーリンク

マイクロソフトから”普通のノートPC”、13.5型「Surface Laptop」が発表。2256×1504高解像度、最大14.5時間駆動バッテリー

(更新中…)

前々からの噂通り、マイクロソフトから”普通のノートパソコン”「 Surface Laptop(サーフェス ラップトップ)」が発表されました。

Surface Proのような 2in1 PCやSurface Bookのような分離型PCではなく、通常のラップトップパソコン(ノートパソコン)仕様。

流行の本体アルミニウム素材に加え、Surface Proを思わせるようなスエード調のキーボード皮革素材、2256×1504高解像度、最大14.5時間駆動バッテリーなど高級感あふれる機種となっています。

・Surface Laptopのデザイン

・Surface Laptopのスペック・発売日・価格

海外発売日:6月15日(日本での発売はまだ未定)

価格:

999ドルモデル:Core-i5 7200U、メモリ4GB、128GB SSD

2200ドルモデル:Core-i7、メモリ16GB RAM、512GB SSD

OS Windows 10 S

(教育向けの新OS。そのためWindowsストアのアプリしか実行できない。17年12月まではWindows 10 Proに無料アップグレードが可)

CPU Core i5、Core i7

MacBook Airより50%高速に動作

メモリ 最大16GB
ストレージ 最大512GB SSD
ディスプレイ 13.5型、2256×1504ピクセル、201ppi、アスペクト比3:2
デザインの特徴 ボディー:アルミニウム素材

パームレスト・キーボードベゼル:アルカンターラ(スエード調人工皮革)素材

ポート USB 3.0×1、Mini DisplayPort×1、イヤフォンジャック、Surface Connect(電源および周辺機器接続用)
サイズ 308.1×223.27×14.48
重さ 1.252kg
その他 Surface Dialを利用可能
バッテリー 最大14.5時間駆動

情報元:マイクロソフト公式ページ

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ
スポンサーリンク