アップルペイ、取引量が急拡大中!17年1~3月の取引量は前年同期の450%アップ

スポンサーリンク

アップルペイ、取引量が急拡大中!17年1~3月の取引量は前年同期の450%アップ

アップルのCEO、ティム・クック氏が明らかにしたところによれば、アップルが展開する電子財布及び非接触型決済サービス「Apple Pay(アップルペイ)」の直近・2017年Q1(1~3月)での取引量が前年同期比で450%アップしたとのこと。

これは仮に16年同期での取扱量が100だったとすると、17年1~3月では550になったということになります。

この膨大な取引量の増加の理由は、既存サービス対象の国での取扱量の増加はもちろんながら、やはり経済大国である日本やロシアでも使えるようなったことが大きいとみられています。

取引量の具体的な数字は明らかにされていません。

Apple Payは現在、イギリス・スイス・カナダ・オーストラリア・中国・フランス・香港・シンガポール・日本・ロシア・アメリカなど15か国で使用が可能です、

参考:

VB ”Apple Pay transactions rose 450% in the last year

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ
スポンサーリンク

コメント

  1. RYUKS より:

    これにAppleが味をしめてnanacoやWAONも対応してくれりゃ、ガラケユーザやAndroid勢にも影響与えるんじゃないですかね。私自身、nanacoに対応してくれりゃ、直ぐにでも乗り換えるんですが。ガラケから。