2017年1~3月期のタブレット出荷台数は前年比約10%マイナス。シェアトップはApple、以下サムスン・ファーウェイ

スポンサーリンク

2017年1~3月期のタブレット出荷台数は前年比約10%マイナス。シェアトップはApple

調査会社のIDCが、2017年第1四半期(Q1;1~3月)のタブレット出荷台数調査の結果をレポートしています。

低調傾向が指摘されているタブレット市場ですが、17年Q1も出荷台数の低下に歯止めがかからず、タブレットの世界出荷台数は16年Q1期の3960万台から約10%減の3620万台となりました。

メーカーシェア別にみれば、トップはiPadを擁するアップルで24.6%(出荷台数890万台)。以下、サムスン、ファーウェイ、Amazon、レノボと例年通りのメーカーが続きます。

2017年3月下旬に発売された新型iPadはセールスの好調さが伝えられており、今後、アップルがどこまで出荷台数を回復させるかが注目されます。

・2017年1~3月期(Q1)、タブレット出荷台数・シェア調査

メーカー 17年Q1出荷台数 17年Q1シェア 16年Q1出荷台数
アップル 890万台 24.6% 1030万台
サムスン 600 16.5% 600
ファーウェイ 270 7.4% 200
Amazon 220 6.0% 220
レノボ 210 5.7% 220
その他 1440 33.8% 1600
3620万台 100% 3960万台

参考:

patenty apple ”Apple Remains the Tablet Leader for Q1 2017 Despite Showing losses for Thirteen Straight Quarters”

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク