ポケモンGOは今も月15億円近い収益を計上。クラロワは40億円、マリオRUNは5億円以下

スポンサーリンク

ポケモンGOは今も月15億円近い収益。クラロワは40億円、マリオRUNは5億円以下

調査会社のSensor Towerが、2015年・16年にリリースされた人気アプリの現在の収益状況をレポートしています。

・有名アプリ、リリース後各月の収益状況

(iOS版のみ)

・2017年4月時点の人気アプリの収益状況

クラッシュロワイヤルー月40億円近い収益

ポケモンGO-月15億円近い収益

スーパーマリオRUN-月5億円以下

アベンジャーズアカデミーー月3億円以下

NBA Liveー月3億円以下

各アプリの中で、現在もリリース時と同じような高収益をあげているのはクラッシュ・ロワイヤル。なんと毎月40億円近い収益を上げています。

またリリース当初、月50億円近い収益を上げていたポケモンGOは最近の金・銀ポケモンの追加でも収益の低下は避けられず、低落傾向に。それでも今でも月15億円近い収益。

一方、実質買い切りアプリな『スーパーマリオRUN』はすでに月の収益は5億円以下。任天堂の決算発表によれば、1億5000万ダウンロード数があった同アプリですが、DL数10分の1以下の無料+課金アプリのファイアーエムブレムに収益面で下回っているそうです。

参考:

Record ”The top 10 games in Apple’s U.S. App Store all saw a drop in sales”

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク