Xperia XZ Premium・XZs、「新型Gレンズによる写真周辺部ボケ改善」「写真歪み改善」「AF時間最大50%減」ほか全6点の改善を達成!

スポンサーリンク

Xperia XZ Premium、「新型Gレンズによる写真周辺部ボケ改善」「写真歪み改善」「AF時間最大50%減」を達成!

台湾のブログ「MARCOKAO BLOG」さんが、東京ソニー本社で開かれたメディア用Xperia説明会の様子をレポートしています。

それによると、Xperia XZ Premium・XZsでは、MOTION EYEをはじめとする新機構、新型Gレンズの搭載などにより、これまでXperia ユーザーから不満の上がっていた

  • 写真周辺部での解像感の降下(画面スミがボケる)
  • 撮影写真の歪み

が改善されたそう。

またさらに、

  • オートフォーカスの時間の短縮化
  • 写真の質感の向上、夜間撮影写真の質感の向上

もなされているということで、これは期待できそうです。

具体的には以下に記す通り。

【Xperia XZ Premium・XZs、撮影写真の改善ポイント】

①:新型Gレンズによる撮影周辺部(写真スミ部)における解像感の向上

写真周辺部(スミ部)において、シェーディング・解像感が25%向上

・①の具体例

Xperia XZより、周辺部もキレイに撮れるように  

・こちらはXZ(右)との比較

ーーー

・Xperia XZにおける、「写真周辺部での画質つぶれ」の例

例えば、Xperia XZでは撮影写真周辺部での「画質つぶれ」がユーザーから指摘されていただけに、これはうれしい。

XZにおいては、2300万画素で撮った写真が、まるで500万画素で撮影したかのようにボケていたり、周辺部分がつぶれた感じになっているとの声が一部ユーザーからあがっていた。

サンプル:

xperia_xz-3

拡大したところ

xperia_xz

さらに拡大

xperia_xz-2

Xperia XZ、不具合まとめ。タッチパネルをタップして起動不良、カメラ発熱など いよいよ発売となったXperia XZ...

②:夜もよりキレイに撮れる

黒は黒く、ホワイトアウト(白一面に濁ること)もなく

・②の具体例

右がXperia XZ Premium。前モデルより夜間でもキレイに撮れるように

こちらは真ん中がXperia XZ Premium

③:色の質感も美しく

赤色がキレイなXperia XZ Premium(左上)とライバル機種の比較

④:より素早い、オートフォーカス。最大50%減

オートフォーカス時間が、

  • PDAF(像面位相差オートフォーカス)はXZから40%の短縮化
  • LAF(レーザーオートフォーカス)は同50%の短縮化

がなされ、Xperia史上ナンバーワンのオートフォーカス時間の早さとなっている。

⑤:早い読み込みによる、写真歪みの低減

960fpsスローモーションを実現した機構「MOTIONEYE」により、読み込み時間の短縮化がなされ、結果、撮影写真の歪みがなくなる。

これまで、Xperia Z5でもXZでも、Xperiaでは撮影写真の歪みがユーザーから度々指摘されていただけに、これはうれしい

・⑤の具体例

・Xperia XZでの「歪み写真」の例

iPhone 7、LGG5、Galaxy S7とXperia XZで撮影写真を比較したものがコチラ。Xperia XZは撮影物がゆがんでいるのが分かる。

(出典:gsmarena

⑥:モーションアイによる、スーパースローモーションの説明

コチラはすでによく知られていると思うので、簡略します

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク