Horizon: Zero Dawnは340万本売れ、うち約100万本はダウンロード版。ソニー「この成功は販売モデルを変える」

スポンサーリンク

『Horizon: Zero Dawn』がもたらした、PSの新たな可能性と、PlayStationインディーゲームの今後について

https://www.youtube.com/watch?v=tQFTO1k6rSw

ソニー・インタラクティブ・エンタテインメント・アメリカのCEO、ショーン・レイデン氏がインタビューに答え、興味深いことをコメントしています。

・『Horizon: Zero Dawn』でのデジタル版販売の成功

『Horizon: Zero Dawn』は340万本が売れ、そのうちデジタルダウンロード版が91万5000本が売れた。

このようにダウンロード版が大きな成功を収めることは販売モデルを変え、より小さな開発プレイヤーの参入を可能にする

・PSインディーゲームではVRに注力中

「小さな開発プレイヤーの参入を可能にする」ということで、話は続いてPlayStationでのインディーゲームに移ります。

(PlayStationプラットホームでは)現在も多くのインディーゲームが開発中だが、(その規模ないしペースは)減速中である。多くのインディーゲームはVRで動作するゲームを開発しているが、それは小さい規模のゲームでも意味のあるコンテンツにすることが出来るからだ。

参考

glixel”PlayStation is Winning – But What Next?”

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク