人類の歴史において、最も美しい地図7枚

スポンサーリンク

人類史上、最も美しい地図7枚

長い人類の歴史は地図の歴史でもあります。人々は時として、第一には地形を正確に表示することを目的としながらも、我々が思い描く優雅さや理想郷を表す媒体として地図を作成してきました。

今回は実用的なものからデザイン性を目的としたものまでその数7点、「美しい地図」の数々を紹介します。

1.「大宇宙の調和」からの1枚 (Planisphaerium Arateum Sive Compages Orbium Mundanorum Ex Hypothesi Aratea In Plano Expressa)

・Photo credit: Andreas Cellarius

1660年に出版された地図集、『大宇宙の調和(Harmonia Macrocosmica )からの1枚。作成したのはドイツ生まれの地図製作者、アンドレアス・セラリウス。

古代ギリシアの詩人、アラトスが示した天動説に基づき、宇宙の中心にある地球の周りを、太陽・月・その他の惑星らによる美しい軌道が描かれている。

2.セリム3世によるイスラム初の近代地図(Cedid Atlas

・Photo credit: Nikolaj Blegvad/The National Library of Norway

18世紀のオスマン帝国のスルターン、セリム3世は、治世の間に多くの近代化革命を実施した。この1803年のアトラスは、その近代化の一つで、ヨーロッパスタイルの地図製作技術を使ったイスラム世界初となる地図である。

地図はわずか50枚しか印刷されておらず、加えてこれらの多くはセリム3世の改革に反対するイェニチェリの蜂起において焼かれてしまったので、現存するものは非常に珍しい。

地図の精度は、今日の基準から見ても非常に高い。またそれぞれのページは、耐久性を高めるため紙ではなく布にて製作された。

3.サマルカンドを古代風にアレンジした地図

Photo credit: Robert Altbauer

これはフェイク地図。クリエイターのRobert Altbauer氏によって、ウズベキスタンの古都・サマルカンドをPhotoshopとIllustratorでそれっぽく見えるように作られた。

Altbauerはこれまでも、ゲーム、テレビ、ファンタジー小説用のマップを多数設計している。

4.妖精たちの古代マップ(Duke’s Plan Of New York)

・Photo credit: Library of Congress

1918年にイギリスで作成されたこのマップは、数十の神話、おとぎ話、民話の場所を示す島を描いている。

それぞれの話の発端は主に英国のものだが、ギリシア神話やドイツ神話からインスピレーションを得たものもある。

シェイクスピアの『真夏の夜の夢』 から始まり、『アーサー王伝説』『赤ずきんちゃん』『親指トム』『ユリシーズ』などなど、さまざまなファンタジー作品が登場する。

この作品はウィリアム・モリスにより1880年代から始まった、粗悪な工業製品に芸術性を持たせようとした 「アーツ・アンド・クラフツ運動」に影響されており、ファンタジーの登場人物が細やかに描写されたその様子は、当時の工業製品のレベルにおいては際立つものがあった。

もう一つ、1918年は第一次世界大戦が終わりを迎えた年でもあり、戦争により蝕まれた人々の心のオアシスとしての役割も担おうとしたのは想像に難くない。

5.「ニューヨーク」誕生

・Photo credit: British Library

この地図はイギリス人がオランダ人から「ニューアムステルダム」を奪った1664年に作られた。地図では、ロンジーアイランド 、 マンナドスなど、オランダ領だったころの名前がいくつか残っている。またイギリスの領土となったことを強調するために、英国船がわざとらしく多めに描かれている。

その後、この地域はヨーク公の名前にちなんで「ニューヨーク」と名付けられた。

6.ライオンの形をしたマップ(Leo Belgicus)

・Photo credit: Famiano Strada

1583年、マイケル・アイツィンガーはオランダ、ルクセンブルグ、ベルギーをライオンの形で描いた地図を描いた。 彼はそれをレオベルティカスと名付けて販売し、これにより自分の仕事がスタートすることになった。彼の会社はたちまち大きくなり、最も有名となったのは1611年のClaes Janszoon Visscherという製品である。

7.ミシシッピ川の変化マップ(Geological Investigation Of The Alluvial Valley Of The Lower Mississippi River)

・Photo credit: Harold Fisk

1944年、地質学者のハロルド・ノルマン・フィスクは、これを陸軍への報告書の一部として発表した。 ミシシッピ川の変化を示したこの地図は、 筋肉組織のうねり、リボンキャンディ、果ては抽象的な芸術のようなもののように見える。

フィスクは河川周辺の様々な場所から約16,000の土壌サンプルを採取し、それらを空中写真と比較していくという気の遠くなるような膨大な作業を行い、この古い川のパターンマップを作成した。

参考:

Listverse ”10 Of The Most Beautiful Maps Ever Created

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク