千葉県一のブラジル人団地にて、ブラジルの食文化と日本の住宅政策に触れる~千葉県八千代市 村上団地~

スポンサーリンク

千葉県一のブラジル人団地にて、ブラジルの食文化と日本の住宅政策に触れる~千葉県八千代市 村上団地~

千葉県八千代市にやってきました。

船橋市、千葉市といった都市を含む京葉工業地域に隣接し、工業団地が居並ぶこの街は、日本を代表する内陸工業都市。そのため市内のあちこちにおいて、大きな工場を見かけることができます。

・八千代市の工場地域

そんな八千代市では、1990年代中ごろから外国人労働者が増えてきました。これは不足する工場労働者を補うため、政府が1990年に「出入国管理及び難民認定法(いわゆる入管法)」を改正、そのため日系人3世までが日本国内において就労できるようになったため。ここら辺り、現在の首相、安倍さんが移民に関する議論を深めておることからもわかる通り、本当は自民党とそのスポンサーである大企業クラブ・経団連の本音としては移民解禁を行いたいんでしょうが、そう踏み切らず日系人だけ就労を許可するあたりに日本国内の「事情」が見え隠れします。

それはさておき、今回訪れたのは八千代市の公団住宅「村上団地」。そしてその中の商店街にあるブラジルショップ「モンテ ヤマザキ」さん。公団住宅というものは大抵、多数の人が居住するため商店街が置かれており、それら店は住民以外の人が利用することも可能です。

この村上団地、千葉県に居住する約3000人のブラジル系住民において、この団地だけで約280人の方が、一方のペルー系住民も同2600人中160人ほどが住んでおり(共に2014年のデータ)、八千代市のみならず、千葉県において実にデカい存在となっています。

千葉県のブラジル人の10人に一人がこの団地にいるというのは不思議なことですが、考えてみると、このような外国系住民の公団住宅への集中は全国各地でみられることであります。なにしろ日本という国は、連帯保証人や収入証明がいるなど民間賃貸住宅を借りるハードルが高いものですからね。一方、公団住宅は借りたことある方ならわかる通り、数か月分の家賃を出せば貸してくれますし。

訪れた際は、多数のブラジル人・ペルー人らしき住民の方の姿を見かけることができました。敷地内を歩いていると、どこかからポルトガル語の話し声が聞こえてきます。

・掲示板にもポルトガル語

とはいえ、2009年のリーマンショックを受け両国の労働者とも減少傾向にあるようで、かつて800人ほどのブラジル人がこの村上団地に居住していたそう。

一方で日本人高齢者の方も多く見かけたりして、住民の高齢化が進む日本の公団住宅の縮図をかいま見たような気がしました。また「外国人労働者と当初から住む高齢市民の住民の2極化」というのも、日本の各地の工業都市で見かける光景です。

そう日本の縮図といえば、村上団地商店街の25のテナントにおいて現在も営業中なのは8店舗ほどでした。商店街が苦境にあるのは、この団地においても同じようです。

・村上団地内の商店街

・住民の高齢化が進む公営住宅をリポートした番組

・「モンテ ヤマザキ」外観

10畳ほどの広さの店内には、野菜・飲み物・菓子・主食系穀物・豆類・調味料など、見たこともないさまざまなものが売られていました。店内については、今は撮影NGとのことで残念ですが撮っていません。

・「モンテ ヤマザキ」で買ったもの

①:トウモロコシのスナック菓子

牛肉・豚肉・大豆とならんでブラジルを代表する農畜産物と言えばトウモロコシ。というわけで、トウモロコシのスナック菓子。トウモロコシスナックに香辛料とチーズが振りかけてあります。味は正直微妙…。

②:マカロニとインゲン豆スープの素

KITANO製「マカロニとインゲン豆スープの素。ベーコン入り」。

ブラジルの食生活はイタリア移民の影響が強いため、マカロニだけでなく、ピザやパスタなどイタリア料理全般がブラジルの食生活に根付いているそう。そこに特産品である豆類とベーコンが加わります。

くわえて製品ブランドが「KITANO」ということで、日系メーカー?と思いたくなりますが、実は作っているのは日本ではハーゲンダッツでおなじみの米ゼネラル・ミルズ社。

③:自家製ハンバーガー。美味!

店内で作ってくれたハンバーガー。とにかくデカくハンバーグも大容量。さすが肉の国。香辛料と甘さがミックスした不思議な味で美味しいです。

とにかく肉が厚い

写真ではわかりにくいですが、牛肉のハンバーグに加え、豚肉ハムもパンズに挟まれています。とかくボリューミー。

「モンテ ヤマザキ」の店名の通り、もともとはヤマザキショップ系列のお店。とはいえ「ヤマザキ」らしさはこのシールのみにしか見かけることができません。

④:パッションフルーツ系「マラクジャ」ジュース

ブラジルではポピュラーな果物、パッションフルーツ「マラクジャ」のジュース。マラクジャ自体は酸味の強さが特徴ですが、このジュースは大量に入っている砂糖によりかなり甘い飲み物に

⑤:ガラナ系炭酸飲料「ガラナ アンタルチカ」

ブラジルの飲み物と言えば同国を原産とするガラナを原料にした「ガラナ系飲料」。日本でも北海道ではキリン製などのガラナ系飲料がそこら中で普通に売られているものですが、ドクターペッパーに近いフルーツジュースのような味と香りが特徴のこれらガラナ飲料に比べ、無味無臭に近い味わい。

そしてよく見ると日本語が入っていることからもわかるとおり、実は日本製。ブラジル系住民の多い、名古屋圏のコンビニやスーパーでは売られているのをたまに見かける商品です。

そのほかビスケットも買いました。が、これは普通の味わいのビスケ

ット。

八千代市にはこのショップのほか、ブラジル人の方向けのペンテコステ派教会があるなどし、独自のコミュニティーが切り開かれていました。ペンテコステ派というのは、アメリカで大ヒットしたコメディドキュメンタリー映画『ボラット』に出てくる宗派としても知られていますが、原宗教的な祈祷の儀式がその特徴です。

・『ボラット』でのシーン

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク